2009年8月31日月曜日

人から人へ、コンセプトは パーソナル


関東地方を台風が通過中のこの日、自民党は大敗し民主党が圧勝した。政権交代が現実のことになった。民主党を中心とする連立政権には、山積する難問をひとつづつ解決し、民意をしっかり受け止めて今より少しでも良い社会の実現に努力してほしいと思う。

かく言う私は、久し振りに体調を崩した。オーバーワーク気味(仕事と音楽レッスン)だったところに、介護福祉の仕事中、よろけた爺様をとっさに支えるのに右足とふくらはぎに負荷がかかり、関節を痛めてしまった。医者に見てもらい、骨に異常はないのがわかったが、炎症を抑える薬の服用と湿布薬の貼付、アルコール断ちで3日間静養に努めねばならなかった。ようやく、今日になって腫れも引き痛みもなくなったのだが...健康に留意し細心の注意を払っていても、こういうケースも起こりうるのが世の中、また気を引き締めて日々過ごして行きたいと思う。
長年、マーケティング(市場調査と商品企画)とライセンス(ブランド・キャラクター)の仕事を専門にしてきたが、世の中の構造と人の気持ちの在り様がずいぶん変化してきているのを感じる。まあ、個人的な感想だが、言ってみれば「マスから個へ」、「量から質へ」、ということだろうか。「物から心の満足へ」ということでもある。大衆、あるいは市民という名前で量と傾向で捉えていくと、ことの本質が見えてこない。欧米の有名ブランドを借りて作った商品よりも、生活のコンセプトをしっかり持ったオリジナル品に人は魅力を感じているし(もちろんそうでない人もいるが)、地球の環境を見据えたエコ製品により関心が高まっているのも事実。1人ひとりの価値観の違いはもちろんあるが、今の政治や政策のどこに有権者が満足しているのかが見えなかった自民党の大敗は、避けられないものだったと思う。
日々接する介護福祉の利用者さんたちも、年齢・性別・生活環境・家族構成・既往症・身体状況も1人ひとりまったくちがうし、また、どんなサービスを受けたら喜ばれるかも1人ひとりちがっている。極めてパーソナルな仕事なので、今までやってきたマーケティングとは対極にある゛人対人゛の仕事といえる。
やはり大切なのは、コミュニケーション。あいさつに始まり、体調の把握やちょっとした声かけの中から利用者さんの満足のポイントを捕らえていく。地味な作業だが、「ありがとう、ほんとに助かります!」といわれたときの嬉しさは、何事にも換えられないものだ。

パーソナルといえば、Wilma De Oliveira さんにポルトガル語の個人レッスンを受け始めた。三軒茶屋のJAZZ & LIVE BAR Obsounds に出演したヴィウマさんのライブを聴いて、その素晴らしい歌声とサンパウロ出身のネイティブなポルトガル語にとても感動した結果、ライブの後で申し出たところ、快くレッスンを承知してくれたのだ。私自身はボサノヴァの素晴らしいスタンダード曲を、残念ながらきちんと教えてもらったことがない。独力で覚えてレパートリーに加えてきたのだが、ポルトガル語の基本を教えてもらう機会がなかったので、随分いい加減な発音やイントネーションが身に付いてしまった。この゛お掃除゛をして、きれいなポルトガル語でボサノヴァを唄うレッスンが今進行中。一対一で細かなところを心行くまで教えていただくレッスンはとても楽しい。目からうろこ、見たいな事も多々あって、やはり、知らないということは恐ろしい、と感じている。当面、20曲程の歌がレパートリーとして加わる予定で、毎回のレッスンがとても楽しみだ!
もうひとつの話題。先々週末(8/22)リカバンドの解散ライブが狛江add9thであり、9年間続いた活動に終止符を打った。この店で一番人気のバンドであったが、看板歌手とバンドメンバーとの意気投合が薄れ、それぞれちがう道を歩むこととなった。残念ではあるが、最近のメンバーたちの活動を見ると結構バラバラにそれぞれのユニットを組んでの演奏活動であったから、致し方ないように思う。むしろ、長年ひとつのバンドを続けられる方が奇跡に近い。人はそれぞれ価値観がちがうからね。それを前提でやっていかねばならないのが世の中。皆さん、お疲れ様でした!
上:ヴィウマさんのポートレイト、YOU-TUBE の`AMAZONES`を唄う彼女の画像よりちゃっかりいただいたもの
  右:リカバンド解散ライブ in add9th Photo by TAKA

0 件のコメント: