2018年2月24日土曜日

史上希に見るハイレベルの戦いだった! (平昌オリンピック フィギュアスケート女子シングル戦より)




平昌オリンピック・フィギュアスケート女子シングル戦の表彰台は、アリーナ・ザギトワ(ロ15歳)が金メダル
・エフゲニア・メドベデワ(ロ17歳)が銀メダル、ケイトリン・オズモンド(カ21歳)が銅メダルだった。史上希に
見るハイレベルの戦いは、3者とも合計230点台の高得点だった。画像はISUのHPより



今回のFS女子シングル戦のメダルと入賞選手全員が、転倒などの大きなミスがなく、ザギトワ・メドベデワ・宮原

知子(4位 日19歳)の3人は完璧、オズモンド・コストナー(5位 伊31歳)・坂本花織(6位 日17歳)は、着地のよろけや

エッヂエラー・回転不足の小さなミスがあっただけだった。非常に高レベルのスリリングな試合が続き、内容的に

はとても充実していたオリンピック試合だった。「魔物」に飲み込まれて成績が出せなかった選手は上位にはいな

かったが、ダークホース的存在だったガブリエル・デールマン(カ20歳 カナダ選手権覇者)と3Aを引っ提げて登場し

た長洲未来(米24歳)は、ともにジャンプの失敗が続き上位には残れなかった。




若干15歳ながら、高度なジャンプ技術を駆使して優勝したザギトワ、SPの世界最高得点82.92も凄かった。
これにプラスして表現力を磨いて行けば、女王の座も続くだろう。
ザギトワの得点:SP:EC45.30+PCS37.62 計82.92 FP:EC81.62+PCS75.03計156.65 合計239.57



全てのジャンプを後半に演じ(体力的に負担が大きい後半のジャンプは1.1倍の加点になる)、しかもそのすべてが

GOE(出来栄え点)で加点となる素晴らしい演技をしたザギトワが優勝した。相当にハードな練習と、3Aを除く5種類

のジャンプ習得に費やした時間と技術を磨いた努力を想像すると、15歳ながら敬意を抱かざるを得ない。並大抵の

努力では追い付かないだろう。しかし、エテリ・トゥトベリーゼコーチと練ったこの戦略については賛否両論がある。

現行の演技規定からすれば何ら違反はないのだから努力のたまもの・戦略勝ちだという見方と、テーマ音楽世界を

滑走技術で表現するのにあまりに片寄っていて不自然だ、あるいはテーマの繋がりが無く美しくない、という意見だ。

ISUでも、後半のジャンプ数を制限するルール改正を検討し始めたとの報道もあるが(Nikkansports.com)、演技全体

のバランスからしたらその方向は望ましいことだと思う。

しかし、多くのTV報道や解説者(にわか解説者も含めて)が伝えていないことは、ザギトワのジャンプ構成のレベルに

ついてだ。特にCo(コンビネーション・ジャンプ)のレベルは際立って高い。つまり、それだけ難度の高いジャンプに

挑んで成功させているのが、今回の勝因だと私は思っている。単独ジャンプの成功(3Lz・3Lo・3Sなど)では、BV(基礎

点)が同じだからGOEでの加点差はあまり大きくない(例えば、+1.75とか+2.0とか)。しかし、SPとFSでのザギトワ

とメドベデワのジャンプ2~3連続のCoでは、ザギトワが3Lz+3Lo(BV12.21)・2A+3T(BV8.36)・3F+2T+2Lo

(BV9.24)合計29.81だ。メドベデワの場合は、3F+3T(BV9.60)・3S+3T(BV9.57)・2A+2T+2T(BA6.49)合計25.66、

共にこの基礎点にGOEが加算される。ひとつでもジャンプの失敗があれば減点によって得点は低くなるが、全部成功

させればより高い得点が得られる構成をザギトワは選んでいる。この技術習得には大変な努力があったと思う。




FS演技を終えて、こみ上げてくるものに思わず涙をながしたメドベデワ、゛絶対女王゛としてここ2年間の
表彰台トップを続けてきた彼女は、オリンピックを制することができなかった。しかし負傷から復帰して見せ
てくれた演技は完璧で素晴らしいものだった。
メドベデワの得点:SP:EC43.19+PCS38.42 計81.61 FP:EC79.18+PCS77.49計156.65 合計238.26


ジャンプ・ステップ・スピンの高度な演技技術をベースに、テーマ曲の世界観を色濃く表現し、EC(技術点)だけで

なくPCS(演技構成点)でも高得点を得て来たメドベデワは、SPでもFSでもPCSはザギトワを越えていた。右足首骨

折の負傷を乗り越えて出場してきた今回の演技は、完璧で何らミスもなかった。しかし、同じコーチを抱く同門の

後輩ザギトワの高度ジャンプ技術への飽くなき追及には後れを取った。しかし、それはとても見応えのある試合だ

ったし、これからも続く両者バトルの幕開けだったと言えるだろう。




オズモンドのスピードに乗った演技には迫力がある。ジャンプの幅も高さも半端でない。今回の自己ベストの
計231.02も凄い。FSの3Lzの着氷乱れは惜しかった。
オズモンドの得点:SP EC41.83+PCS37.04 計78.87 FP EC76.50+PCS75.65計152.15 合計231.02


K.オズモンドも宮原知子も、C.コストナーも坂本花織も、みな素晴らしい演技だった。コストナーのように、高度

なジャンプを追い求めるのではなく、自分に可能な演技を磨いてテーマ曲の世界観を見事に演じ、観客の記憶に残

るパーフォマンスを目指すのは、とても素晴らしいことだと31歳のスケーターは見せてくれた。恐らく、そのよう

な゛表現派゛と、飽くなく高度技術を追求する゛技術派゛の二つの流れが、これからもフィギュアスケートの世界

には続いて行く私は思う。私的には、男子選手で言えばミーシャ・ジー(ウズベキスタン26歳)やジェイソン・ブラウ

ン(米22歳)のような、「心の中をどう表現するか?」というタイプが好みではあるが、羽生結弦やJ.フェルナンデス

のように、技術も表現もバランスよく総合的に演技できることが望ましいだろう。ザギトワにはその表現力の磨き

が必要だと思うし、宮原知子や坂本花織には、より高度なジャンプとCoの習得や技術力に磨きをかけるのが今後の

課題だと思う。次に続く世代もすでに育って来ているから、今後のフィギュアスケート観戦も楽しみが増えた。

今回のオリンピックを見て、フィギュアスケートの試合はとても楽しかったというのが実感だった。




故障復帰から、宮原知子のオリンピックでこれだけの演技達成は素晴らしかった。SP・FS共にノーミスの完璧
な演技、テーマ曲の世界観表現も秀逸だった。より高度なジャンプ技術をものにして磨きをかけていけば、トップ
のロシア2人を凌駕することが可能かもしれない。



オリンピックの舞台で、動じることなく結果を出した坂本花織には、本当にご苦労さんとねぎらいたい。「魔物は
食べちゃいました!」とのインタビュー発言も面白かった。切磋琢磨していい選手に育ってほしいと思う。



<略語内容>
F.S.:Figure Skate フィギュアスケート ▢ ISU:International Skating Union 国際スケート連盟  SP:ショート・プロ
グラム  FS:フリー・スタイル  6種類のジャンプ A:アクセル Lz:ルッツ F:フリップ Lo:ループ S:サルコウ 
T:トゥループ  ▢ P.C.S:Program Components(演技構成点) ▢ EL:Element Score(技術点) ▢ Co:コンビネーション・
ジャンプ ▢ GOE:各演技の出来栄え点(+3から-3までのジャッジ平均点) ▢ BV:Base Value(基礎点)


2018年2月18日日曜日

羽生:金・宇野:銀、やってくれました!! (平昌オリンピック フィギュアスケート男子シングル戦より)




熾烈で高レベルの戦いを制して表彰台に上ったのは、金メダル:羽生結弦(日22歳)・銀メダル:宇野昌磨(日19歳)
・銅メダル:ハビエル・フェルナンデス(ス26歳)の3人だった。過去に例を見ない好勝負の連続で、観客とフィ
ギュスケートファンを熱狂させた試合だった。画像はISUのHPより。




今回の冬季オリンピック戦で、日本選手がなかなか取れなかった金メダル第1号であり、しかも銀メダルとダブル受賞

ということで新聞やTVは大騒ぎで喜んでいるし、フィギュアスケート・ファン歴10年の私自身も、始めて見る日本

選手ダブル表彰台だったので、羽生・宇野両選手の快挙にはほんとにびっくりしたし、また嬉しさもハンパでなか

た。オリンピック2連覇は、男子シングルではデッィク・バトン(米1952年オスロ)以来66年振りだというが、女子シン

グル・ペア・アイスダンスでは2連覇・3連覇の記録があるとは言うものの、とても凄いことを羽生選手はやってくれ

たものだ! と驚きが絶えないのだ。




演技終了後、「勝ったぁ~!!」と叫びながら観客に応える羽生選手。大怪我から復帰し最大の舞台で結果を
出した後の雄叫びは、「自分に勝ったぁ~!」と私には聞こえた。足負傷の不安を乗り越え、ファンの期待
周囲の重圧にも負けずに、ソチの失敗(ジャンプ転倒)を超えようとした演技の端々からも、勝とう! という
彼の闘志が溢れていた。



羽生結弦のジャンプは美しい。縦一本の筋が通ったままぶれずに回転する。加えて、ジャンプに入る前の姿勢が

スムースだし着地とその後の姿勢にも無理がない。「これから飛ぶぞ飛ぶぞ!」というようなタイムラグや力みも

皆無だし、着地後の手足の伸びや仕草も滑らかだ。4回転ジャンプは飛ばないが、゛ジャンプのお手本゛と言われる

ミーシャ・ジー(UZ26歳)の丁寧できれいなジャンプに勝るとも劣らない。今回のFS演技を見ると、3回飛んだ4Tと

3Lzがよろけて減点されたが、冒頭の4Sと4TはGOEが両方とも3点満点だった。また、PCS(5コンポーネンツ)も、

5項目すべて9点台後半の計96.62で出場選手中のトップ、高い滑走技術とテーマ曲「SEMEI」の世界観を

表現した素晴らしい出来栄えだった。まったく文句なしの優勝と言えよう。

今回優勝候補を争う一人と見られていたネイサン・チェン(米19歳)は、SPのジャンプ失敗を巻き返そうと、FSでは

なかなかいいジャンプを見せて(4種類6本の4回転ジャンプ)FS:215.08の高得点をマークしたが、そのGOEはすべて

1点台にとどまり、PCSもPerfomanceの9.04以外の項目は全て8点台だった。やはり、ジャンプの完成度・ステップ

やスピンを含めた表現力の出来栄えは、とうてい羽生結弦には及ばないのだ。「4回転時代」というタイトルはある

が、ただの「ジャンプ屋」ではタイトルをとるのは難しいことが見て取れる。今回惜しくも表彰台に上れなかった

金博洋(中20歳)にも同じことが言えるし、メダル有力候補の一人と前評判が高かったミハイル・コリヤダ(ロ22歳)も

同等だ。フィギュアスケートは、氷上の滑走と表現の総合競技だから、ジャンプ・ステップ・スピンの総合技術を

磨いて、高いレベルを獲得した者のみに栄誉が与えられるのを改めて認識することになった。





もしかすると3位に食い込めるかも?(私の試合前予想)を見事に裏切って、銀メダル獲得の宇野昌磨。SPテーマ曲
「四季・冬」でも、FSテーマ曲「トゥーランドット」でも、世界観が良く表現されていて、GOEはすべて9点台
前半の計92.72、羽生とは違ったタイプの緻密な表現力を体現できる選手になった。



試合後の彼へのインタビューを聞いていても落ち着いていたし、最終グループの最終滑走だったので、他の選手の

結果もすべてわかっていて「自分のプログラムを完璧に滑れば勝てる、と考えていた。」とコメントしていた。冷静

に状況を把握してリンクに出ていったことについては、19歳の青年らしからぬ沈着緻密な計算も見て取れた。確か

に、試合冒頭の4Loがきれいに成功していれば、それは可能だったかもしれない。だがこのジャンプを失敗(転倒)して

から彼の巻き返しが始まった。その後4T+2Tの小さなミスを除けば、総ての演技を成功させ攻める姿勢を貫いたと

ころに彼の真骨頂があった。すごくしぶとい選手になったものだ。恐らく、豊富な練習量をこなし樋口コーチとの

コミュニケーションも上手くいっているのだろうと思う。小柄な体を生かしたキレのある演技と、ジャンプ・ステ

ップ・スピンの一つ一つの技に磨きをかけていけば、羽生結弦ともいい勝負ができる選手に成長する可能性大だ。




ハビエル・フェルナンデス(ス26歳)にとっては、最後のオリンピックになったのかもしれない。欧州選手権6連覇
・世界選手権2連覇の輝かしい成績を持つ彼にとって、オリンピックだけは表彰台と縁がなかった。今回の銅メダル、
おめでとう! 歴史に残るいい試合だった!



羽生結弦のSPテーマ曲「ショパンバラード第1番」とFSテーマ曲「SEIMEI」、宇野昌磨の2つのテーマ曲、そして

J.フェルナンデスのSPテーマ曲「チャプリン・メドレー」とFSテーマ曲「ラ・マンチャの男」、いずれにしても

トップスケーターたちのテーマ曲世界観の表現は素晴らしいと思う。特にフェルナンデスのコミカルな仕草やメリ

ハリの効いた身体表現は秀逸だと言える。FSのPCSは計96.62で羽生とほぼ同じ、磨き抜かれた高い表現力を世界

は認めているのだ。しかし、ジャンプの唯一のミス(4Sが2Sに!)で基礎点を9.5失ったのが明暗を分けた。たった一つ

のミスが勝敗を決める厳しい戦いを、我々は目前で見られたのだ。スリリングで感動的な今回の試合は、いまだか

つてないハイレベルの戦いだったと思う。試合後、同じコーチとして指導を受けて来たブライアン・オーサーと羽生

・フェルナンデスの3人が抱き合うシーンがあったが、こんな素晴らしい栄誉に浴したコーチもいないだろう。

「優秀なコーチありて優秀な選手あり。」の好例を見ることができたのも、今回のオリンピック・男子シングル戦の

贈り物だったと思う。


<略語内容>
F.S.:Figure Skate フィギュアスケート ▢ ISU:International Skating Union 国際スケート連盟  SP:ショート・プログラム  FS:フリー・
スタイル  6種類のジャンプ A:アクセル Lz:ルッツ F:フリップ Lo:ループ S:サルコウ T:トゥループ  ▢ P.C.S:Program Components
(演技構成点) ▢ EL:Element Score(技術点) ▢ Co:コンビネーション・ジャンプ ▢ GOE:各演技の出来栄え点(+3から-3までのジャ
ッジ平均点)


2018年2月16日金曜日

カナダチームは総合力で金メダルだった。(平昌オリンピック フィギュアスケート団体戦より)




団体戦の優勝は、73点を獲得したカナダチームの圧倒的勝利だった。シングル男子・女子・ペア・アイスダンス
4種目に出場した10チームの成績結果に、10~1点のポイントが付いて総合点でメダルが決まる。画像はISUのHPより。



前回のソチオリンピックから新種目となった、フィギュアスケート各国チームの団体戦が終わった。普段はシングル

戦しか放映しないTVでも、今回はオリンピックとあって出場日本選手と共に各国チームの競技も合わせて見ることが

できた。ペアもアイスダンスも、演技する二人の呼吸の合い方や、2人で作る演技の形(フィギュア)が楽しめるので

なかなか面白かった。出場10チーム中、後半戦のフリー演技に残った上位5チームの成績結果を見ると、総て最下

(5位)だった日本チームに較べると、トップ金メダルのカナダチームは、ペア(メ―ガン・デュハメルとエリック・ラド

フォードでSP2位・FS1位)とアイスダンス(テッサ・バーチュとスコット・モイヤーでSP1位・FS1位)で39点を獲得し、

これが優勝の決め手になった。ちなみに銀メダルのOAR(個人資格で出場したロシアチーム)は、ペアで1位・3位、

アイスダンスで3位・3位となり合計34点、銅メダルのアメリカチームはペア4位・4位、アイスダンス2位・2位で合計

32点だった。シングル戦での成績よりもペアとアイスダンスの成績で表彰台が決まるという結果は、シングル戦に選

手層が偏る日本チームにとっては、団体戦ではなかなか表彰台は難しいと言える状況が明らかだった。




技術点でも演技構成点でも、抜群の好成績だったテッサ・バーチュとスコット・モイヤーのコンビ、完成度の高い
演技で観客を魅了した。カナダチームの優勝はこの2人の貢献が大だ。



団体戦男子シングルのSP演技の冒頭でいきなり転倒し(4T)、3Aでも転倒してしまったパトリック・チャンは、FSで
はジャンプを次々に決め、巻き返してトップに立ち面目を一新した。彼の復調は個人シングル戦でも怖い存在になり
そうだ。片や、ジャンプが決まらず低迷したネイサン・チェン(米)とミハイル・コリヤダ(ロ)の二人は、個人シングル
戦で巻き返しなるだろうか?




団体戦女子シングルSPで圧巻の強さを見せたエフゲニア・メドベデワ(ロ)、ミスのない完璧な演技で81.06の
高得点を叩きだした。女子シングル戦での金メダルを争うザギトワとの2人対決も現実味を帯びて来た。


 シングルFSでは、やはりノーミスの完璧な演技を披露し158.08の高得点をマークしたアリーナ・ザギトワ(ロ)、
ジャンプを全て後半に持ってくる構成も高得点源だ。演技構成点でもすべて9点台を獲得、メドベデワと表彰台を
争う可能性大だ。



オリンピック試合で3A(トリプル・アクセル)を成功させ、女子選手3人目(他は伊藤みどりと浅田真央と)の快挙を
達成した長洲未来(米)、キス&クライで喜びを爆発させた。




宇野昌磨のシングルSPは、冒頭の4F着地のバランスが乱れた以外はほぼノーミスの演技で、103.25の高得点を
マークして1位。個人シングル戦の表彰台獲得に弾みを付けた。ミスのリカバリーでもしぶとい戦い方ができるの
期待が持てる。



カナダチームの優勝を分析した記事によると(Number Web)、前回金メダルのロシアチームに後れを取った自チーム

の敗因を、「カジュアルな気分で参加してしまった」ととらえ、P.チャンとS.モイヤーが真剣に勝つための戦略を練っ

たという。その結果、ペア、男子、アイスダンスの3種目で2プログラムともトップ選手が出場するという

本気度で、念願の金メダルを手にした」と伝えている。選手層の厚みもさることながら、本気で勝ちに来て

いる差が明暗を分けた。オリンピックは結果がすべてだから「たら、れば、」はないけれども、シングル戦

に羽生結弦が万全の体調で出場して1位になったとしても、総合得点が4点プラスで54点、4位のイタリア

(56点)に日本チームは及ばないのだ。





日本チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。ペアの木原龍一とアイスダンスのクリス・リードを除く全員が
初出場ながら、よく健闘されたと思います。世界トップレベルの男子シングル以外の種目(女子シングル・ペア・
アイスダンス)の強化については、スケート連盟・国家プロジェクトによるテコ入れと育成による選手層の厚みが
必要だと思いますが、オリンピック後半戦の個人戦での活躍を期待しています。




<略語内容>
F.S.:Figure Skate フィギュアスケート ▢ ISU:International Skating Union 国際スケート連盟  SP:ショート・プログラム  FS:フリー・
スタイル  6種類のジャンプ A:アクセル Lz:ルッツ F:フリップ Lo:ループ S:サルコウ T:トゥループ  ▢ P.C.:Program Components
(演技構成点) ▢ EL:Element Score(技術点) ▢ Co:コンビネーション・ジャンプ ▢ GOE:各演技の出来栄え点(+3から-3までのジャッジ
平均点)


2018年2月14日水曜日

冬薔薇の開花と春花の気配




ベランダに置いたバラの鉢植えが蕾を開いてしまった。真冬だというのに陽当たりが良いせいかもしれない。薄紅色の
爽やかな花色だ。中輪だが名前は判らない。All Photo by Jovial TAKA



巷は平昌冬季オリンピックの話題で賑やかでありますが...


昨夏、家のすぐ前の四本桜公園にあるサツキ植え込みの日陰に、ひっそりと植えられていた貧弱なバラの小木を掘り

あげて、この環境じゃ無理だと処分しようとしたら、公園前の理容室の奥さんが、「このバラは可愛い花を付けるの

よ!」と宣ったものだ。それならば、としばらくベランダで育ててみようと思い、桜チップ(花へたと落ち葉の腐葉土)

を鉢にたっぷり入れて陽に当てていたら、枝葉を伸ばして蕾を2つ付けた。「お蔭様で、このバラも命拾いしました。

咲き終わるまで、しばらく美容室に飾ってください。」と、延命人に預けて置いたものが、秋中頃に我が家に戻って

来た。ところがだ、日当たりのいいベランダでまた蕾を付けてしまった。「冬薔薇」(ふゆそうび または ふゆしょうび)

は、俳句の季語ともなっている。しかし、実際にそういう種類のバラがあるのか、あるいは季節外れの゛狂い咲き゛

をそう呼ぶのか、私には定かではないが、とにかく咲いてしまったのでしばらく切花にして楽しむことにした。



1輪を花瓶に挿して、部屋のボードの上に飾ってみた。咲き始めの時より薄紅色が濃くなり、花芯の白色に
向かってグラデーションが鮮やかになった。花弁の肌が縮緬状に細かく波打っているのもちょっと珍しい。
思いがけない花姿をしばらく楽しませてもらえることになった。




同じく昨夏に掘りあげて、秋口に花壇4か所に分け植えした水仙は昨年12月の終わりころから花咲き始めた。花芯が
黄色ラッパ状の日本水仙かと思っていたら、総て八重咲き水仙だったのにはちょっとびっくり。花の少ないこの時期
の色合いで通りかかる人を楽しませてくれている。



関東地区にも降った今年1月末の大雪と続く寒波の影響で、春花の芽吹きは遅れているようだ。しかし、2月も半ばに

なると、日中の気温は上がってきたし、陽射しも強くなり角度も高くなってきている。朝の開けが早くなり夕方の

日没も遅くなってきている。寒さも底をでて、春の陽気が近づいている気がする。




プランターに植えたチューリップの球根も芽を出し始めた。雨の時の土跳ね返りを防ぐため、市のリサイクル・
センターで分けてもらった(袋を持っていけば無料!)木材チップを敷いてある。この球根は、通りがかりに見ら
る花壇の花を楽しみにしている方(男性)が、植えてくれと持って来たものだ。




棟南側の芝生脇に作った花壇では、水仙が咲きアネモネが葉を伸ばしているが、クロッカスの球根も芽を伸ばし
始めた。程なく開花の時だろう。春先の早い時期の花として開花が待たれる。




棟東側の陽当たりのいい花壇に植えたクレマチスは、昨秋に見事な花を幾つも咲かせた(種類は原種に近い
「H.F.ヤング」)。2月に入って丈夫な枝を残して剪定し支柱にしっかりと放射状に結わえた。これで春4月頃の
開花は大丈夫だろう。右端のひと枝は、刺し枝で増やしてから植えた新しい株。



枝先には、すでに新芽が伸び始めている。




昨秋に沢山の花を咲かせたコスモスは、咲き終わった花柄から種を採った。沢山種が取れたので、またポットに
種植えして苗を育ててみようと思う。今年は2~3ヶ所に分けて花壇に植えるつもり。やはり、群生していた方が
見栄えは良いと思う。




少々気の早い話だが、夏から秋に向けての花種や花株もすでに入手した。4月頃には株を植え付けたり、花種をポット

で育てたりして準備する予定だ。昨夏は、7月のぎりぎりにコスモスとサルビアの苗を花壇に下ろしたものだから、

育ちの良いものと根がつかなかったものとに別れた。幸いに咲いた花々は楽しめたが、今年はもっと早くに準備して

夏の暑さの来る前にしっかりと苗を育ててみようと思っている。ガーデニングの楽しみが色々と増えたので、ちょっと

嬉しい気がしている。




桔梗(アポイキキョウ)は色とりどりの細長い株を寄せ植えする予定。


昨秋に良く咲いたサルビア・スプレンデンスは、株を増やして群生しようと。


ブルーサルビアはとてもきれいだったので、挿し木して増やした同種の株と、白とブルーの
「フェアリークイーン」を加えてみる。


コスモスは、花柄から採った種と、新しく入手した「コスモス・ソナタ・プレミアムミックス」
(花丈が50㎝位の矮性種)を加えてみようかと。以上4画像はタキイ種苗のHPより。