2018年4月24日火曜日

早春の姫川上流域・山女魚釣り(その2.大出橋下流と青鬼集落)




地元野菜と果物たっぷりの朝食(3日目)、コーヒーは紙製フィルターで直接コップの上に乗せてお湯を落とすタイプ
を使ってみたが、なかなか美味しかった。All Photo by Jovial TAKA



春先の変わりやすい天気の中で、初日は終日晴れたが午後からは強い北風が吹きこみ気温は一気に下がった。夜も

部屋のソファで毛布の足かけが要るくらいだったが、2日目は午前中は晴れ、午後からは曇りがちとなり、気温は上

がった。早朝は川の温度も低く魚の活性も低いので(水温は4~5度C)、朝食をゆっくり取ってから姫川に出かけた。

今日入るポイントは、姫川本流に支流松川が合流する水神宮橋近辺と、上流の大出橋近辺と決めていたので、早速

車で出かけた。朝の北アルプスは霧と雲に隠れていたが、陽が差し始めると徐々に頂上の姿を現し始め、白馬連山

と清流松川の絶景を見ることができた(この項その1の画像参照)。


このポイントは、渓流釣りの動画でも度々紹介されている有名ポイントで、合流点は水量も多く、すぐ下流の第2

姫川ダムから遡上してくる岩魚・山女魚・虹鱒が生息する好ポイントでもある。川原に降りて釣り支度をし、深場

や流れだし・岸辺の溜まりなどを探りながら、早朝釣りの一時を過ごした。毛鉤釣り・餌の川虫釣り・ブドウ虫釣

り、何を仕掛けても魚の反応はなかった。岸辺の砂地には先行者の足跡も皆無だったので条件はいいのだが、確かに

上流や支流に較べると水量がかなり少ない。雪代もまだ充分に入っていないので魚の活性が低いと見て取れた。連れ

のスケッチも概ね出来上がったようなので、上流の大出橋付近に移動することにした。





春まだ浅き姫川上流域の景色、草は枯れたままで木々の芽吹きもまだであったが、清流はあくまで澄みきっていた。
このポイントは、昨年の初夏に尺近い岩魚を釣り上げた場所でもある。川石を水中から上げてみると、カゲロウの
幼虫(川虫)が沢山石裏にへばりついていた。



堰堤の道路から河原までは約10m、釣り人の微かな足跡をたどって河原に降りてみたら釣り竿を車の中に置いたまま

なのに気が付いた! うかつなことではある。竿なしで釣りはできないだろう!! 昨日の山女魚釣りですっかり満足して

しまい、気が抜けていたのかも。連れにケータイ連絡し、道路の上から竿を放ってもらい準備に入った。川石の裏に

は川虫が付いていたのでそれを餌に使った。水量がやはり少なめだ。好ポイントの瀬脇も水流が乏しかった。ところ

が餌の川虫にも反応がなく、代えた毛鉤仕掛けにもまったく反応なし。それではと持参したブドウ虫を付けて瀬尻に

流してみたら、ガツンッという当たりと共に竿が本流の方に持っていかれた。慎重に竿を立てて瀬脇の溜まりに寄せて

からランディングネットに取り込んだ。手にしたのは、元気なネイティブ山女魚だった。




瀬脇の瀬尻で餌(ブドウ虫)に食らいついてきたのは20㎝程の山女魚。この川育ちらしい力強い牽きで俊行の和竿を
しならせ、私を楽しませてくれた。時節によるものなのか? 放流種によるものなのか? 体側の薄紅ラインとパール
マークがはっきり見えなかった。



昨夜の魚料理で山女魚2匹を美味しく胃袋に収めてしまったので、今回は流れに返した。水温は8度C(午前11時頃)、
まだまだ低く手を水中入れているとかなり冷たい。



私が使用している和竿は俊行作の竹製7本繋ぎ4,5mだが、腰がしっかりしていてしなりも良く、魚信がダイレクトに伝

わってくるのでなかなか使い勝手がよい。渓流釣りに凝っていた40年以上も前に入手したものだが、最近は専らこれ

を携行している。長いグラスロッドよりも使いまわしが良いので、腕の疲れも少ないように感じている。今回の釣行

はベストシーズンにはまだ早い早春の時期ではあったが、目論み以上の成果を楽しむことが出来てとても嬉しかった。

まだまだ早いとは言いながら、姫川に出かけてきてほんとによかったと思った。





青鬼(あおに)集落の棚田最上部からの棚田と北アルプス連峰の眺望、5月下旬になれば水田には稲苗が植えられ素晴
らしい景色となるが、早春の今は水のない田圃と辛夷の古木が一本佇むのみ。午後から雲が出てきて、鹿島槍ヶ岳(左)
五竜岳(正面)・唐松岳(右)と続く連峰の頂上は雲に覆われて見られなかった。



昼食を白馬駅近くの「そば神」でとったが、ミニ野菜丼付きのざる蕎麦がとても美味しかった。白馬地区の蕎麦の

実は色がやや緑がかってているので、蕎麦色も緑味を帯びた白色で腰がしっかりしている。蕎麦を食べた後のそば

湯もゆっくりと味わった。渓流釣りについてはすっかり目的を達したので、調べておいた「青鬼集落」へ行ってみた。

姫川第2発電所の橋を渡り、急坂を15分程上った山の中腹にその村はあった。江戸末期から近代にかけて建てられた

大きな茅葺屋根(現在は鉄板葺き)の建物が点在し、珍しい山村景観が残っていた。山の斜面に石垣を積んで作られた

棚田では、現在も稲作が続けられている。田植えの時期には、水を張った棚田と北アルプスの山々がセットで見ら

れる有名な観光スポットであり、江戸時代には、白馬村と戸隠神社と善光寺を繋ぐ山街道の要地だったとの紹介も

看板に書かれていた。



現存する10数戸の家屋は茅葺の屋根だったのを、「重要伝統的建築物保存地区」に指定され鉄板葺きとなって古民家群と
して残っている。現在も住民の方達が住んで生活しているというから驚きだ。




その日の午後はゆっくり温泉に浸かるべく、以前宿泊したことのあるホテル併設の「天神の湯」(日帰り入浴1人600円)

に行き、露天風呂にゆったり浸かりながら姫川の対岸に拡がる白馬連山の高峰を眺めて過ごした。白馬村には温泉

施設が沢山あって、気軽に利用できるのがとても良い。夕食は前項に載せた白馬牛の焼肉と地元野菜料理。ワインを

飲みながらのゆっくりとした食事タイムだった。次の朝の朝食で現地調達の食材も大方食べ尽し、残ったのはワイン

が瓶に少々のみ。食べ過ぎることもなく適量だったのが嬉しかった。




姫川・松川合流点の水神宮橋からのスケッチ作品、鹿島槍ヶ岳や五竜岳がしっかり描けたとの談。 Drawing by HI



2日目の夜から3日目の朝にかけては雨が降った。天気予報通りだったが、雨雲の動きをTVで見たら雨脚が早そう

だったので、フロントに電話連絡したあと9時には宿を出た。チェックイン時に料金前払いなので、出発の手間はか

からなかった。木崎湖を過ぎ安曇野平野に入った頃から雨は止んで晴天となり、往路の安曇広域農道を戻って田園

地帯をドライブするのは気持ちが良かった。道の駅堀金に寄ってお土産をゲットしてからそのまま、一般道で松本

・塩尻の郊外を抜け、小坂田公園・道の駅で昼食を取って一休み。その後岡谷・諏訪湖を抜けて、諏訪インターから

中央道に乗った。交代しながらの運転でそのまま調布インターまで、夕刻早目に自宅へ戻った。今回初めて通った

安曇広域農道から眺めた山里の景色も、新緑前の早春らしい色合いだったのが好印象だった。また、普段めったに

姿を現さない八ヶ岳も全山きれいに見られたし、南アルプスの北岳(富士山に次ぐ日本2番目の高峰)も雪の残る山頂

の姿を現してくれたのが嬉しかった。






帰路最後に寄った双葉SAからの富士山の眺め。雨上がりで空気が洗われ富士山もきれいに見えたが、棚引く雲が流れ
きて頂上付近が良く見えなかったのは残念! 気温が夏日だったので、頬張った巨峰ソフトクリームはめちゃ旨かった。




白馬滞在中に活躍した「やぐらネギ」は、煮ても炒めても薬味に刻んでも美味しい! きなこくるみ餅とくるみ餅
(音楽メンバーへのお土産)とあわせて購入した。



【おことわり】今回久し振りに姿を確認した姫川の山女魚画像を良く調べたところ、前回の釣行(昨年の8月末)で釣り

上げた尺ニジマスは、姫川第2ダムから遡上した尺山女魚の可能性大と判明しました。銀化して体側の薄紅色ラインと

パールマークがほとんどなかったので、ニジマスだと思ったのですが、尻尾付近にはまだパールマークが残っていたの

を再確認しました。すでに発表したブログとYouTube動画のタイトルの訂正できる部分は直しましたが、一部テキスト

(修正不可能の部分)はそのままにすることをご了解いただきたいと思います。


<この項お終わり>



2018年4月23日月曜日

早春の姫川源流域・山女魚釣り(その1.ホイル包み香草焼きを満喫)




姫川源流域の流れは水量も多く、雪代(雪解け水)が始まっているとはいえ濁りも少なく澄んだ水色だった。細流が
流れ込むポイントの水温は10度C、北風が吹きこみ気温が下がった午後の一時、俊行の7本繋ぎ和竿に付けた仕掛け
をポイントに振り込む釣楽人タカ。この川育ちの2匹の山女魚が出迎えてくれた。All Photo by Jovial TAKA and  HI



北アルプスの山々には、まだたっぷりと雪が残っているこの時期に姫川釣行を思い立ったのは、3月解禁の渓流釣り

には何処へも行かずに良い季節を待っていたのと、例年梅雨明け頃(6月下旬)から9月末の禁漁前までのベストシーズン

を待ちくたびれたのと両方が理由だった。出かける前に姫川の漁協に電話し現地の状況を聞いてみたら、以外にも今

年は降雪量が少なく季節が例年よりも早目だ、と担当が話してくれたのもあった。直近の天気予報で4月中旬の3日間

(4/16~18)が良さそうだとの見込みを付け、宿を予約して出かけた。白馬地区は、スキーシーズンのピークも終わり、

今は夏山を迎える前のオフシーズンに当たるので、予約も簡単に取れた。


今回の旅の目的は2つあった。もちろん一つ目は姫川の源流域・上流域・支流松川でまだ食いの渋い(カゲロウの成虫も

幼虫の川虫も生育の盛期にはまだ早い)岩魚と山女魚の姿を確認すること。もう一つは、今まで釣り上げた魚をすべて

放流してきてはいるが、今回は安曇野と白馬の地元食材(野菜や山菜・お肉や卵など)を現地で入手し、釣れた魚と一緒

に料理して食べてみる、ということだった。そのために、宿泊も素泊まりで部屋にガステーブルや調理器具・食器類

を備えた゛コンドミニアム゛に決めた。ただし、調味料や食材は全部持ち込まなくてはならない。実際に宿泊して分か

ったことは、海外の長期スキー客の利用が多いことから箸が備えてなかったのだが、My箸を持参しておいたので事な

きを得た。地元の絵画グループに属して、定期的に絵画作品を制作・発表している連れにとっては、昨年展示発表し

た油彩「姫川」が好評だったことから、北アルプスと白馬村をテーマにした新たな作品取材を目論んだ旅でもあった。





体長20㎝を越えた源流域の山女魚はすこぶる元気だった。針掛かりした途端上流に向かって素晴らしい勢いで水中
を走った。その夜の調理時に膨れた腹の中を確認してみると、カゲロウの成虫・幼虫の川虫・ミミズなどを沢山
捕食していた。やはり季節はもう動いているのを実感!



早朝に車で迎えに来てくれた連れのHIさんに代わり、私の運転で調布インターから中央道で安曇野インターまで走り、

途中双葉SAで朝食をとった時間を含め約3時間のドライブ。何時もは大糸線東側の「北アルプスパノラマロード」を

ゆったり走って木崎湖まで行くのだが、今回は西側山寄りの農道を通ってみた。信号も少なく田園地帯をのんびり走

れるこのルートが「安曇広域農道」という名前なのを後で知るのだが、とても走りやすい道路だった。このルート上

に「道の駅・アルプス安曇野堀金の里」があるので、ここに寄って地元食材を大方仕入れていこうという目論見だっ

た。実際新鮮取れたての地元産野菜がたくさんあって、トマト・サンチェ・やぐらネギ・独活など3日分を買い込み、

ついでに山菜入りお握りや稲荷すし・惣菜を昼食用に購入した。残りの食材は、白馬村の食品スーパーで入手するこ

とにして、一路目的地に向かった。安曇野は丁度桜の季節で、間近の山々はまだ緑の芽吹き前だったが、白馬まで田園

と里山の桜風景を楽しみながら時折運転を交代してドライブを続けた。



体側の薄紅色のラインとパールマークも鮮やかな姫川源流域の山女魚、美しい魚体にしばし見とれてしまった。この
の成魚(岩魚・山女魚・虹鱒)放流はなく、すべて発眼卵か稚魚(体長9~10㎝、10g)放流なので、湧水地から流れ下るこの
清流育ちの魚と出会えるのはとても嬉しい。昨夏ここで釣り上げて放流したチビ山女魚が成長して再びお目に掛かった
のかもしれない。




安曇広域農道をルートにしたのにはもう一つの目論見があった。それは、北アルプスの山々を源流にした幾つかの

渓流をちょっと覗いてみることだった。北上する順に、烏川・中房川・乳川・穂高川、橋を渡るその都度車を止めて

川相を確かめてみた。例年より降雪量が少なかったせいもあり、雪代による増水や濁りがなくやや水量が少なかった

が、どの川も澄んだ水が滔々と流れていてきれいだった。山岳地帯の岩間を流れる急流と違い、田園地区を流れる

ゆったりとした川なのでやや渓相に乏しいのだが、この冷たい水にも岩魚や山女魚は生息している。これらの川での

渓流釣りは、またの機会に譲ろうと思った。


さて、姫川源流域での釣りは、白馬さのさかスキー場付近の源流湧水地から下流1㎞は禁漁区なので、神城内山橋下流

からとなる。セブンイレブン神城店で2日分の入漁券を購入し、レジのアルバイト女性店員に川の様子を聞いてみた

ら、案の定「そういうことはわかりません。」との返事、要らぬことを聞いてしまった。堀金道の駅で入手した昼食

を済ませてから約2時間程、田園を流れる小川での午後の釣りを楽しんだが、両岸の草も枯れているので歩きやすかっ

た。真夏の時期ならば、腰丈以上の夏草(ボサ)が一面生い茂っていてとても釣りずらいのだが、この時期はそんな心配

は無用だった。用意した毛鉤2種(浮かせ仕掛けと沈め仕掛け)を流してみてもなかなか反応がなく、エサのブドウ虫仕

掛けに代えたりしながら当りを探ってみた。




「山女魚のホイル包み香草焼き」、腸を出し身をよく洗って水気を取ってから、身と腹に塩・胡椒を振り、腹には
香草を詰める。今回は地元産の山葵菜を使用。オリーブオイルを適量敷いた大きめのアルミホイルに乗せ、周りを
香草(今回は地元産やぐらネギ)で囲む。アルミホイルの上部を重ね両端をひねって包む。フライパンの上で中火10
分程蒸し焼きし出来上がり。山女魚の身のきめ細かさとオリーブオイル・香草の香ばしさを堪能できる逸品料理!!



本流に山からの細流が流れ込むポイントで毛鉤仕掛けを流すと、いきなり「ピシャッ!」と毛鉤が叩かれ、薄紅色も

鮮やかな体側をひるがえして、魚体が水中に消えた。これは居るぞ! と思い、エサのブドウ虫仕掛けに代えてもう一度

水中を流すと、ガツン! という当たりとともに、魚体が上流へ力強く走った。竿を立てて慎重に寄せ、ランディングネッ

トに取り込むと、それはパールマークも美しいネイティブな山女魚だった。体長20㎝強、私の手のスパン(親指と小指

の広げた長さ)が丁度20㎝だから、これをちょっと越えていたのでそれがわかった。獲物の撮影を頼むべく、そろそろ

スケッチも終わる頃合いの連れに連絡すると、車を移動して来てくれた。車が付いた途端、もう一匹の山女魚を釣

り上げたので、それで今夜のメインディッシュ材料が揃ってしまった。




山女魚のホイル包み香草焼きの付け合わせは、やぐらネギとハムの炒め(サンチェに包んで)・茹でた独活と新鮮
トマト、ご飯はレンジで温める地元米のパック、チキンコンソメ出汁の野菜とキノコ溶き卵スープ、白ワインで
ゆっくりと美味しくいただいた。



急遽白馬に出かけようと決めた時に、まだ山には雪があるだろうし、気温も関東地区とは違い大分寒いだろうし、

こんな早い時期では渓流魚だって釣れないだろうし...と心配していた連れも、2匹の釣果ときれいな食べごろ

サイズの魚体にはびっくり。早速釣りを切り上げて、予約した今夜の宿に向かった。コンドミニアムは、大糸線

飯森駅と白馬駅の中間地点の148号道路(千石街道)沿いにあるのだが、チェックインは白馬大橋近くの基幹ホテル

でするよう案内されていた。ホテルで手続きを済ませ、頃合いの地元の食品スーパーを訪ねると、A-Coopハピア

というお店を紹介してくれた。そこは地元の農協が経営する総合食料品店だったので、買い物は便利だった。ステー

キ用の白馬牛や卵、豆腐やパン・イチゴ・ヨーグルトなどを買い込んで車に詰め込み、今夜の宿に入室した。




2日目の夕食は、白馬牛の焼肉・木綿豆腐焼きに蕗味噌(私が釣りしている間に連れが土手で採取したもの)のせ、やぐら
ネギの塩コショウ炒めに野菜サラダ、茹で独活の葉と茹で山葵菜、温めパックご飯に豆腐とネギのお味噌汁。塩・白
胡椒・オリーブオイルに天然醸造しょう油と玄米味噌、マヨネーズに八幡屋の七味、黒酢と和風だしとチキンコンソメ
など、普段使っている調味料を持参したのが良かった。一番活躍したのは、連れが持参したT-Falのフライパン、焦げ
付かないので色々な調理が出来て大活躍だった。


コンドミニアムでは、部屋の鍵も玄関の鍵ポケット(電源スウィッチを兼ねる)に入れてあるので、チェックアウトも

電話連絡し鍵ポケットにカギを入れたままで退室できる。後は食事も就寝も自分たちのペースで出来るので、ゆっ

たりと過ごせるのが良かった。金額も安い分、ちょっと安普請でベットのスプリングがキーキー鳴ったりしたのは

気になったが、概ね快適だったので助かった。連れと分担して食事を作り、ワインをゆっくり飲みながらの食事は

楽しかった。食事つきのホテルや旅館では、品数や食事量が多いのが普通でつい食べ過ぎてしまうことが多い。最近

の旅行で食べ過ぎて体調を崩すことがままあったので、自分たちの腹加減で適量の食事を用意できるのはとても良かっ

た。姫川で釣り上げたヤマメ料理も美味で、ウン10年振りの渓流山女魚の味を満喫した。初日で旅の目的をほぼ達成

してしまったので、眠りも心地よかった。




姫川源流域の、のどかな風景スケッチ。松本・安曇野・白馬と北上するにつれて、エドヒガンやコヒガンの桜も、
咲き終わり→満開→3分咲きと移り変わり、山里を彩っていた。Drawing by HI






2日目の朝、霧が段々晴れて姿を現した北アルプスの雄姿。左より鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・白馬鑓ケ岳・
杓子岳、左からの姫川本流に正面から流れ込む松川の流れも、やや水量が少なめ。川原の砂石を採集する白馬
マテリアルの工場と材料置き場の敷地も広大だった。




帰路に再び寄ってお土産品を入手した道の駅堀金の駐車場には、鯉のぼりが悠々と泳いでいた。今年は季節の訪れが
例年より早いのを実感した。



<この項つづく>



2018年4月7日土曜日

春花の季節到来!(その2)




昨年暮れに訪れた高蔵寺(高蔵寺の無患子と三輪の里・12/16参照)がある里山の一角:三輪の里をこの春に再び訪れ
た。枝垂れ桜の古木数本が、天から降る様な見事な枝垂れ花を見せてくれた。持参カメラにUSBチップを入れて
来るのを忘れ、撮影は花友さんのスマホによる。All Photo by Jovial TAKA and HI



3月下旬の春晴れの日に、町田市三輪町にある「三輪の里」に行ってみた。古の奈良の趣を残す里山は、サクラ各種・

シャクナゲ・水仙・チューリップなど、色とりどりの春花が咲き揃っていた。宅地開発から逃れた個人所有の里山は、

うららかな春の陽射しを浴びていた。ここに来ると何故かゆったりとした気分になれる。「団体さんお断り」とわざ

わざ看板を掲げてあるので、二人連れや少人数のグループしかここには来ない。風に揺れる枝垂れ桜を眺めてしばら

く時を過ごした。




戦国時代の昔に豪族の城山があったと伝えられる小高い山、今は頂上に神社が祭られている。空堀や土塁の在った
斜面には、オオシマサクラが白花を沢山つけて咲き誇っていた。剪定とは無縁の枝振りが美しい。




畑の一角では群生するラッパ水仙が沢山花開いて、如何にも春を謳歌する趣き。




昨年の夏に干上がってしまった野川は、その後は水も枯れることなくさらさらと流れている。両岸の堰堤上の遊歩

道と川岸の遊歩道では、朝早くからウォーキングしたりランニングしたりする近隣住民の方が途切れることもなく、

犬の散歩を兼ねる方も多い。かくいう私も、週に3~4回橋を渡るコースを3つ定めて30~40分の運動を楽しんでい

る。身体を動かしてからの朝食も美味しいので、当分続けるつもりだ。このウォーキングとガーデニング(雑草取り

や清掃、庭作業)のおかげで、足腰が大分鍛えられたし、以前よりも腰が痛い・肩が凝ったというようなことが少な

くなった気がする。持久力がアップしたのだろう。おかげさまで最近は、ライブや歌会で夜遅くまで歌ったり、楽器

演奏したり、お酒をおおいに飲んだりするよりも、アウトドアで時間を過ごすことが多くなった。自身の健康のため

も、結構なことだと自認しているのだ。




野川の遊歩道に続く桜並木は、近隣でもサクラの名所として有名で、花見に訪れる人も多い。水を求めて岸から
垂れ下がるサクラの枝振りが、一味違った花景色となっている。橋上から調布方向を臨む。




遊歩道から喜多見方向を臨む。サクラの樹は各所に植えられているので、ゆっくりと歩いたり自転車で移動しながら
見ることができる。桜吹雪が川面を漂う様もなかなか絵になる景色だ。





庭の花壇で花開いた深紅のアネモネ。地中海原産・キンポウゲ科イチリン属のこの花は、如何にも地中海的な
鮮やかな色合いだ。日本の花にはない艶やかさがある。








三月下旬に古稀ワン(71)のお祝いにご馳走になったイタ飯ランチ、前菜盛り合わせ・生ハムとルッコラのピザ・
しらす乗せイカスミのパスタ、スパークリングワインと共に美味しくいただきました。


<この項終わり>


2018年4月6日金曜日

春花の季節到来!(その1)




今年も満開の花を楽しませてくれた玄関前の公園の4本桜、樹齢70年程だがまだまだ元気だ。
All Photo by Jovial TAKA




関東地区に今年2度降った雪のせいもあり春の到来は遅かったのだが、ようやく気温も20度を超える日々が3月

下旬に続いて、サクラは一気に花開いた。家の前にある公園の桜も、咲き始めは20日で早かったのだが、雪の日を

1日挟んで開花が進んだ。おかげさまで4月に入るまで、何時もより長い期間サクラの花を見ることができた。その

花も、ようやく花弁が散り、萼(がく)と花柄(はながら)も散って、新葉を伸ばす季節となった。この春のサクラ景色

と春花を、自身の撮影した画像でここに載せてみようと思う。




一昨年の暮れから4本桜公園の清掃をして来て、ようやく植え込みやレンガブロックを敷いた園内もきれいに
なってきた。ご近所さんや通りがかりの方達からも、「おかげさまできれいになりますね~!」と声がかかり、
中には飲み物の差し入れをして下さる方もいる。サクラの樹も元気ですこぶる花付がいい。



公園内に2ヶ所、集合住宅の棟南側と東側に3ヶ所、あまり丈が高くならない一年草・多年草を中心に花壇を作って

いるが、暮れから咲き始めたスイセンは花が終わり、クロッカスの花も咲き終わった。今はアネモネが沢山の花を

開き色とりどりの色合いで眼を楽しませてくれている。白と赤のチューリップも沢山咲いた。2月に枝を選定し、丈

夫な枝を支柱に結わえて置いたクレマチス(種類はH.F.ヤング、パテンス・ラヌギノーサ系)は、沢山の新枝を伸ばし

花の蕾を沢山つけている。今月中旬から順次開花しそうだ。昨秋土に下ろした株は先祖帰りしたらしく6弁の花を咲か

せたが、原種のカザグルマ(パテンス系)のDNAがでたらしい。果たしてこの春はどんな花を咲かせてくれるか?




沢山の蕾を付けて開花間もないクレマチス、元気一杯だ。




彩りミックスの球根を植えたアネモネ(ミストラルミックス)は昨秋に葉を伸ばしていたが、2月の大雪にも負けず
に花芽を出して白・赤・紫・赤白斑入りの花を沢山咲かせている。咲終わりの花柄を積むと、また新芽が出てくる
ので、しばらく楽しめそうだ。



花友に株を分けてもらったクリスマスローズは、やはり大雪で一度は葉が枯れたかと思ったが、暖かくなって
から花芽を出して薄紅色の花を沢山咲かせている。大きな株を5本に切り分けたのだが、全部根が付いた。案外
丈夫なものだ。



庭のハナミズキの根元から伸びた新梢に、バイモユリ(アミガサユリ)が薄黄色の花をつけた。下向きの花を
覗いてみると、花弁の柄が編笠みたいだ。これが名前の由来らしい。





ご近所の畑で、採れたて野菜を庭先販売している農家の一角に咲いた花桃(ほうき桃)の花、晴れた春空に
色鮮やかだったが、桃花だけあって色が濃ゆいなぁ~!



<この項つづく>