2018年7月28日土曜日

酷暑の日々は、部屋でインターネット・ラジオとブログ三昧





インターネットラジオ「The Jazz Groove」のCIマークとHPビュー、試聴無料。



6月下旬には開けてしまった今年の梅雨、その後は7月に入っても例年にない猛暑・酷暑の日々が続いていた。関東

地区でも熊谷で41.1度・青梅で40.8度という記録的な暑さを観測したが(7月23日)、熱中症で緊急搬送される方が

急増したり、課外学習をしていた小学生が熱射病で死亡するなど、過去にはとうてい考えられない事態も発生して

いる。しかし、台風12号の接近に伴ってここ2~3日気温が下がり、ようやく暑さが止んで一息つけるようになった。

今夏の今後の気象についても気が許せない状況が続くと思うが、このブログを覗いていただいている皆さんも、暑

さ対策と夏バテ防止に気を配りながら、何とか日々を過ごしておられることと推察します。

ところで、皆さんも不要不急の外出は控え、どうしても出かける時は朝夕のやや涼しい時間帯にするなどして、基

本的にクーラーを効かせた室内で時間を過ごされることが多いと思う。かくいう私も、週3日は仕事のために炎天下

を外出するが、それ以外はやはり室内で過ごすことが多く、猛暑の夏を室内で過ごす楽しみについて今回はちょっと

触れてみたいと思う。。


ここ2年程、インターネット・ラジオを専ら楽しんでいる。というか、ほとんどかけっぱなしなのだ。ジャズやボサ

ノヴァが中心だが、その理由の一つに最近のTV(地上DGやBS)がちっとも面白くない、と感じられるからだ。バラ

エティもニュースショウも同じことの繰返しでやたらうるさいので、時たまニュースと天気予報を見るくらい(天気

予報も気象庁のHPで見た方が解りやすいし)。その2として、Int・ラジオは基本的に無料、そして色々なジャンルや

チャンネルがあるので楽しむには事欠かないのだ。写真の編集や自分のブログ作成、楽譜ソフトでの譜面作成や編

曲、他の方のブログを覗いたりYouTubeで音楽動画や釣り動画を見たり聞いたり...その間もほとんどかけっぱ

なしなのだ。だから、基本的に聞き入ってしまう内容よりも、BGM的に流している、という方が多い。聴き方はポー

タブル・スピーカーにBluetooth(無線)で繋いでいるので、PCデスクを離れて台所で料理する時も、また釣り道具

の手入れや仕掛けづくりをする時も、持ち歩いて身近で聴いている。時折気になる曲は画面ですぐチェックできる

ので、ちょっとメモしたりもする。そんなInt・ラジオから2つに絞ってサイトを紹介しよう(すでに聞いておられる

方もいると思うが)。

まず、『The Jazz Groove』、サブタイトルに「laid-back jazz」と謳われている。このテーマを見た時にタイトル

だけですぐ気に入ってしまった。ジャズ・ボサノヴァを中心に、ゆったりとした曲が配信されている。ビックバンド

の大音量やドラムの強烈なビートなどとは無縁の心地よい曲がほとんどだ。Tommy Flanagan Trioの「Angel Eyes」

やDiana Krall の「The Boy from Ipanema」なんかが流れていれば、とてもご機嫌な気分だ。HPアドレスは以下に。

https://www.jazzgroove.org/





インターネット・ラジオの総合音楽サイト『Accu Radio』、様々なジャンル(約60種)の音楽が聴けるが、私はもっぱら
Jazz チャンネルを聴いている。Jazzの中でも、年代別・作曲家別・ヴォーカル・インストルメンタル・さらに細かい
ジャンルなど、全部で何と90のチャンネルに分かれているのだ! もちろん全部無料!



このサイトで私がよく聴いているのは、「Jazz Ballads」・「Cocktail Jazz Trio」・「Brasilian Jazz」・「Composer:

 Jobim」など。色々な楽曲が、色々な演奏者とアレンジで聴けるし、またオリジナルのバージョンも掛かるので、

聴いていてとても楽しいしリラックスできる。アドレスを登録すれば2サイトともCDや曲購入も出来るが、私はまだ

購入まではしていないが。サイトは、

https://www.accuradio.com/jazz/



気分のいい音楽を聴きながら、時折訪れるのは渓流釣りのブログ。渓谷や緑の平野を流れる清流の画像や、釣り上げ

た岩魚や山女魚・ニジマスなどの画像を眺めていると、自分もその空間に身を置いているような爽快な気分を味わう

ことができる。時にはGoogleのマップを開いて、地図上の釣りポイントを推量したり、渓相や釣り場の難易度を考え

て自分にも行くことが可能なのかを予想してみたりする。そんなことをしていると、あっという間に時間は過ぎてし

まうのだが、こんな酷暑に炎天下の釣りなどには出かけられない折、家にいてあれこれチェックできるのもこの夏の

楽しみだと思っている。

そんな「渓流釣りブログ」の中から、私がよく訪れる2サイトを挙げてみたい。





画像は「渓流釣り日記」より



まずは、『渓流釣り & 田舎暮らし』(信州奈川)。東京都在住の中年男性が、長野県梓川支流の奈川に山荘を得て、

そこをベースに北アルプス系の渓流や時には富山の渓流に足を延ばして、岩魚・山女魚・ニジマスなどの渓流魚

釣りを楽しんでいるブログ。その中の「渓流釣り日記」(2008年から現在まで10年以上の日記!)には、渓谷や清流の

画像と釣り上げた魚の画像が沢山掲載されている。大写しの岩魚などは迫力満点、沢登りや高巻き(砂防ダムなど

を回避して上流に登る)・藪こぎ(背丈まで生い茂る草藪を分けて道なき道を行く)など、源流域の厳しい環境を越え

ていく体力勝負の釣りでもある。そこには、まだまだ大物が生息しているのを実感できるレポートだ。HPは以下に。

http://iwanasou.sakura.ne.jp/iwanasou/diary_keiryu







画像は「覆水庵記」より。


もうひとつは、『覆水庵記』。長野県白馬村のスキー場で冬期はレンタルショップを営む傍ら、夏季は近くのフィッ

シング・センターの仕事もしている男性のブログ。釣り(渓流と海釣り)・ウィンター・料理・カメラがネタとのこと。

地元姫川水系の源流・本流・支流を熟知しているので、フィッシングガイドを頼まれることもしばしば、ご本人はル

アーで大物釣り(岩魚・山女魚・ニジマスなど)に精を出している。ブログ記事は2011年から7年近くに渡っていて、

載されている画像や情報は地元民ならではのレアーなもので、興味を引かれる。最近はドローンを入手して、上空

からの姫川動画をYouTubeに多数投稿していて、とても珍しい動画として楽しめる。何事にも゛凝る゛方と拝見した。

http://venosity4.rssing.com/chan-2653584/all_p39.html




今回のインターネット・ラジオと渓流釣りブログの紹介は、あくまで個人的な興味の範囲なので、興味の対象外の

方もおられるとは思うが、まだまた続くこの夏の酷暑をやり過ごすのには、なかなか楽しいツールなので、一度覗

いてみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント: