2012年7月30日月曜日

真夏の昼下がり、青山にボサノヴァは流れる...



店内と入り口にグリーンが溢れる゛風花゛の会場、特設ステージで歌と演奏が続いた。
All Photo by TAKA
夏の炎天が続き、都内の昼間の気温は35℃に達する日曜日の昼下がり、青山のレストラン゛風花゛にボサノヴァ愛好者が集まり、今年5月に急逝したH氏を偲ぶ会を開いた。H氏と親交のあった顔なじみのメンバーが集い、弟さんも列席して、彼の思い出を語りながら歌と演奏を披露し合った。
会場となった゛風花゛は、入り口も店内もグリーンが溢れる不思議な空間で、都会の中のオアシスを感じさせる店だ。集まった20数人のメンバーたちは、ビールやワイン、梅酒やノン・アルコール飲料など、好きな飲み物を飲みながら、お店特製の鶏肉料理とサラダ、チーズやパスタもいただきながらの歌と演奏が夕刻まで続いた。
小型アンプとスピーカー、マイク3本持込の特設ステージでは、各自がギター伴奏による歌、Gt 弾き語りとフルートの共演、Gt ソロ、などの持ち歌を披露し合い、生前の彼の思い出を語りながらの会は、、皆に愛されたH氏を思い起こす しんみりとした雰囲気に満たされていた。

発表会やライブハウスでの出演と違い、彼に捧げると共に皆で楽しもうという会なので、出席者の皆さんはとてもリラックスしていたなぁ、と私は感じた。




全員のライブ内容を紹介することは出来ないが、個人的には、HGさんのフランス語バージョンで歌った「ジンジ」、しっとりと歌い上げたYSさんの「プリマベーラ」、最後にTDさんがGt ソロした「あなたのせいで」が心に残った。
私はタッキーとコラボして、「O Amor em Paz」
(Once I Loved)を゛武ジョビンとシマトラ゛で1曲、それと、トモさんとコラボして「Summer Samba」(ポル語と英語バージョン)の2曲を、彼に捧げた。楽しいコラボだった。

会場の一角には、過日のライブハウス出演時のH氏の写真が掲げられ、好きだったビールが献杯されていた。前のめりでGt を弾く彼の姿には、何事にも積極的で人生を楽しんでいた在りし日の彼と重なる姿があった。トモさんは、彼を評して゛妖精のような゛人だったと語ったが、人と積極的に係わり、多くの人たちの゛つなぎ役゛をしていた彼にふさわしいタイトルだと思う。もしかしたら、あちら側の世界でも、今日はボサノヴァ練習日、明日はポル語レッスン、明後日はライブ出演...と、忙しい日々を送っているかもしれないな、と思うのは私だけではないかもしれない。゛妖精のように゛軽やかにね。
彼の冥福を祈ります。


<後日掲載> 
ボサノヴァ会やライブ出演でも、人の写真は結構撮るのだが、自分のショットは頼んで撮ってもらわないとめったにお目にかかれない。
今回は、たまたまKWさんの携帯で撮った写真を送ってもらったので、ここに乗せることができた。KWさん、ありがとう!

TAKAとヨナゴンの珍しいツーショット。二人の゛Hatman゛です。




 □




フランシス・アルバート・シマトラ と アントニオ・カルロス・武ジョビン のツーショットです。私はシマシャツを着て ゛シマトラ゛、わっかるかなぁ?(右)







トモさんとは久し振りのコラボ、ツインギターの予定だったのが、会場のスペースの都合でマイクだけで歌わせてもらった。(左)

0 件のコメント: