2014年1月27日月曜日

初春の初旅は、城ケ島の水仙と市場食堂の朝飯



城ケ島公園の遊歩道をびっしりと敷き詰める八重咲水仙、辺りには花の香りが立ち込めていた。
 All Photo by TAKA

4日ほど、日中の気温が10度を超えて暖かい春の日が続いたと思ったら、今日の午後は冷たい北
風が吹き込み、また冬に戻った。「三寒四温」というのは、3~4日暖かい日が続き、また3~4日冷
たい日に戻る、これを繰り返すという、季節の変わり目の気候のことだろう。1月も終わりの週にな
った。ここ1か月くらいは、冷たい北風と暖かい南風の押しくら饅頭が続くのだ。ここ数年は特に、長
い酷暑の夏とチョー寒い冬が顕著で、春と秋の長さがすごく短くなっている。でも、やはり春を待ち
望む気持ちが強い今日この頃だ。

昨年の今頃は、春の香りを求めて南伊豆・爪木崎の野水仙群を見に出かけたが、今年は三浦半島南端の城ケ島に出張ってみた。ここも水仙の名所で、八重咲きの水仙が沢山見られるというので楽しみにしていた。例によって朝早起きし、車で都内を出て8時台には国道16号線を横浜横須賀道路に向かって走っていた。やや薄曇りの空から明るい日差しが上っていたが、ふと日差しの横(水平上)を見ると、「幻日」が出ていた! 空気中の氷の結晶が太陽の光に反射してプリズムのように光るこの現象については、このブログでも紹介した(2013.9.19 Sunn-Set Riverの項)が、再びこれを見られるのは、「こいつは春から縁起が良いわい! 」と、運転中の食い友RKさんと喜び合った。暖かく湿った南風の影響だと思うが、冷たくて乾燥した冬の空気では、この現象は現れないのだ。                                
  ▢太陽の右に、虹のように輝いているのが「幻日」


横・横道路を降りて134号線を南下し、城ケ島大橋を渡って三崎港に着いたのは9時頃だった。早速卸売市場に併設されている市場食堂に向かった。ここは、市場で働く人や仲買人さん達が、一仕事を終えて朝飯を食べる処。市場直送の新鮮なネタを存分に使った食事が売り物だ。昨年の夏の終わりの暑い日に、ここを訪れてすっかり気に入ってしまった私は、今回は「黒ムツの煮魚定食」を狙っていたのだが、季節のせいか、セリに登場しなかったのか、その日のメニューにはなかった。














色々迷った挙句、「海鮮気まぐれ丼定食」を選んだ。地魚(アジ・スズキ・マグロなど)の刺身・漬けにシラスがたっぷり乗った丼ぶりに地魚のフライもついて、味噌汁とサラダ・漬物も付いている豪華丼だ! 朝飯にこんなに食べれるかと危ぶんだが、美味しく全部平らげてしまった。刺身の漬けは、白ゴマがまぶしてあって香ばしかったし、歯ごたえに弾力があり、新鮮な甘みを楽しめた。シラスの下に隠れて、刺身がたっぷりあったので、満足・満腹の朝飯となった。           

手描きのきれいなイラスト入りメニューも楽しめた(これでほんの一部)。ボリュームたっぷりの海鮮丼は言うことなし。














食後の番茶をゆっくりと飲んでから、再び車に乗り込み城ケ島公園に向かった。公園は遊歩道が
きれいに整備されていて、八重咲水仙は松の木の下に植えられていた。海岸から駆け上がる丘に
広がる野水仙群を想像していたのだが、実際は人の手で沢山植えられた水仙だった。でもその数
はとても大量で見事な眺めだった。折からの南風に乗って、辺り一面に特徴ある強い香りが漂いむ
せ返るようだった。ちょっと不謹慎かもしれないが、「若い田舎娘の汗ばんだ肌の香り」とでも言おう
か、野趣あふれる香りは、長い冬を越してきて一気に花開いた春を感じさせてくれる。日本水仙の
中心が黄色のラッパ状花に較べると、八重咲は何か゛モニョモニョ゛とした印象だが、水仙群の白と
黄色と緑の色を楽しむことができた。やはり春の色だなぁ~!

公園の防風林の脇に広がる水仙群、遊歩道の両側に群生している。

 今回の小旅行には、思わぬおまけがもう一つあった。城ケ島から眺められた冬の富士山の雄姿
だ。この日は南風が吹き込んだので、もやっとした雲が上空を覆い、雪を被った富士山の姿もやや
ぼやけて見えたが、富士山を東南の角度から見られることも珍しいので、貴重な眺めだった。山姿
は、城ケ島から見てもとてもいい形だった。さすが富士山だなぁ~と感心したものだ。以下、富士山
三姿をご覧あれ。


城ケ島公園の展望台から眺めた富士山、山姿が美しい。


②市場食堂から眺めた富士山


➂三崎港の突端にある「楫(かじ)の三郎山」から眺めた富士山、お昼近くになって霞が一層漂い、
富士山の姿も一層霞んだが、城ケ島特有の平板なゴツゴツ岩と一緒に見られたのは面白かった。
下は、楫の三郎山に祭られた祠。

帰路は、来た時と同じ道をたどって帰った。車中、ジャズ・ボッサの名盤「ゲッツ・ジルベルト」をずっ
と聞きながら、心地いいサウンドを楽しんだドライブだった。水仙の花の香りが、何時までも鼻腔に
残っていた。昼過ぎには都内に戻ったが、早起きは、やはり三文の得だね、と思った。市場食堂の
隣の建物の中にある産直センターで買った寒サバの干物(RKさんは、それにエボダイとサンマも
プラス)を家に帰ってから夜に一杯やりながら食べたが、脂が乗っていてとてもおいしかったことを
付け加えておきます。
水仙と市場飯、それに富士山の雄姿も楽しめた春の素敵旅だった。

0 件のコメント: