2016年1月23日土曜日

水分補給と飲み物の話



長年使い続けている「フィルターイン・コーヒー and ティー メーカー」、ワイアー・メッシュの丸いフィルターが経年変化で
擦り切れてきた。フィルターと金具一式を取り換えることにした。 All Photo by TAKA


毎日の食事後やお茶タイムに摂取する飲み物には、各自好みがあると思うが、私の場合は日本茶が多い。それとは別に、

コーヒーや紅茶もよく飲む。身体のことを考えた水分補給という点では、朝起きがけと寝る前に必ず、そして昼間でも喉が

渇いたときや、一仕事終えた時にコップ一杯の水を飲むことは習慣になっている。食事中に飲むアルコール類(ビール・焼酎・

ワインなど)は、この際水分補給とは別に考えたい。それで、専らコーヒー専門に使っていた一杯分(350cc)のポットは、珈琲

豆卸専門店で煎りたての豆を挽いてもらって購入した珈琲粉に湧かしたお湯を注ぎ、約3分程抽出してから飲むのが専らだ。

2人以上のコーヒーを入れる時は、ペーパーフィルターを入れた大きなポットを使うが、コーヒー豆の油脂成分がペーパー・

フィルターに取られない分、一杯分のポットでいれた珈琲の方が美味しく感じる。


この一杯分ポットは、使いやすいので愛用して来たのだが、10数年も使っていたらフィルター部のワイアー・メッシュが綻び

てきた。抽出した珈琲飲料分をフィルターでプレスすることを繰り返すので、ガラスとの接触部分が擦り切れたのだ。近くの

ホームセンターや、珈琲豆を買う駅前の堀口珈琲店(近辺の喫茶店はここで豆を購入される方が多い) などに当たって

みたが、このタイプのポットを扱っておらず、ましてや中のフィルターだけ交換できるのも不可能だった。そこで、ネット通販で

新しいポットを探してみようといろいろ調べてみたら、ナント、ポットもあったし交換用フィルターもあったのだ!! 正式の製品名

も、「フィルターイン・コーヒー and ティー メーカー」と呼ぶこともわかった。数社のメーカーがこの製品を扱っているが、

他の名で「フレンチ・プレス」とか「トラベル・プレス」、という呼び名もある。要は゛手軽に美味しく珈琲を入れられます。゛

ということなのだ。ネット注文したフィルターセットが届いたら、早速取り換えてまた美味しいコーヒーを飲もうと思っている。





備長炭の一片(10㎝位)を入れてろ過している毎日の飲料水、500ccのペットボトルにも入れて冷蔵庫保存。


毎日の食事によって身体に栄養分を取り込むことは、我々が生きていくために必須のことなのだが、願わくはそれが体内

でスムースに消化・吸収され、栄養分が取り込まれた後の残り物(気体・液体・個体)も、スムースに対外に排泄されること

が望ましいのは誰もが解っていることだ。その代謝を促すためにも、適度な水分補給は欠かせない。以前は、濾過器を

使って水道水を脱臭ろ過していたのだが、私の住む狛江地区は奥多摩湖系の水道水なのでかなりきれいな水であることが

わかり、またろ過器が台所で結構邪魔になるので外してしまった。その代り、ポットの水に備長炭の一片を放り込みろ過

した水を飲んだり料理に使ったりしている。2リットルのポット水を使い終わると、その備長炭を湧かしたお湯で煮沸し一日

天日干ししてからまた再使用する。一年間ほど使ったら数本を買い替えする。カルキ臭も雑味もこれで十分に取れて美味しい

になるので、1人暮らしの身にはこれで十分だ。




朝食に飲む玄米スープの粒粉と休みの日やコーヒータイムに飲む珈琲粒粉、堀口珈琲店で挽いてもらい
何時も冷蔵庫に保存している。


この冬、私の身体的状況に顕著な変化があった(なに、大したことではないのだが...)。と言うのは、ここ2年間私を悩ませて

きた湿疹(腰回りや胸元)がかなり良化したのだ。かかり付けの皮膚科の女医さんは、副腎皮質ホルモン系の塗薬を処方して

くれたので、風呂上がりや症状が出た時に塗っているが、一番の対処は肌着を全部取り換えたことだった。いわゆるヒート・

テックを謳った機能性肌着を全部止めたのだ。運動や仕事で体を動かすとき、またエアコンの効いた(効き過ぎた!)乗り物や

室内では、体内の熱分を放出するために人は汗をかく。この汗が直接触れる下着に吸収されたり、風や冷えた空気により

クール・ダウンされて体温が調節されるのだが、ナイロン・アクリル・ポリエステルなどが混紡された素材では、汗は吸収され

にくい。結果、皮膚の表面に汗(身体の老廃物)が残り皮膚障害を起こす。皮膚科の女医さんも、最近機能性肌着による皮膚

障害が増えている、と言っていた。



食事後やお茶タイムに飲む「くき茶」、ほのかな甘みがあっておいしい。紅茶は「水車むらの七夕」で国産紅茶、
味と色がしっかりしている。ともに、自然食品販売の「こだわりや」で購入。



綿100%ないし、綿が90%以上の肌着に全取っ換えしたことで、心配の種だった湿疹はほぼ治った。ただし、晴天と乾燥

が続く関東地方の気候では、乾燥と水分不足による肌荒れや乗り物・外出先・自室内の環境によっては皮膚障害を起こし

やすい状況が多々あると思う。私の周りにも、急に身体に湿疹が出たり、顔に赤みが出たり、かゆみを伴ったり赤発などで

悩ませられる方がおられる。加齢による症状(肌の水分不足や代謝力の減少)という面もあるけれども、やはり体内に取り

込む食料や水分による面も大きいと思う。身体の保湿力や代謝力を十分キープできる水分や飲料と食材の摂取がとても

大切なことを改めて感じているのだ。それと、飲みすぎや食べ過ぎ、あるいは身体の使い過ぎ、ストレスの溜め過ぎなども

代謝力の減少を引き起こすので、何事もやり過ぎにならぬように、適度の休息を心掛けることも大事なことだろう。もう、

なかなか無理が効かないからね。

0 件のコメント: