2018年10月5日金曜日

久し振りのボサノバ会は、くつろぎの午後だった。




会場となったMADEIRA(マデイラ)は、東京メトロ・新富町駅側のライブハウス。台風接近日の午後だったが、
その時間だけは強い雨風を免れた。満席の皆さんを前に演奏するKWさん(Fl)・INさん(Gt)・DAさん(Pa)、
心くつろぐ時間を楽しんだ。All Photo by Jovial TAKA



ボサノバ青山(中村善郎青山ボサノバ教室)主催のボサノバ会に顔を出したのは2年振りだった。昨年中は会場が自宅

から遠いこともあり、ギターを背負って出かけるのも億劫になり参加しなかったのだが、今年はTaka & Rocoの

デュオで軽いウクレレとピアニカ持参なのでちょっと出かけた見ようという気になった。実際に電車や地下鉄を

乗り継いで行ってみると、自宅の駅から1時間も掛からずに到着したので、な~んだ! と気が軽くなった。ただその

午後は強力な台風24号が首都圏にも接近中で、夜からは大雨・強風の予想が伝えられていて、主催者側も場合に

よっては中止も念頭に置いていたようだが、この会の時間帯だけは自然の脅威を免れることができ、とても幸運

だった。



『Insensatez』をしっとりと歌い上げるKHさん、Gt・Saxとのトリオ演奏も素敵でした。


ボサノバ会は教室の発表会も兼ねているので、前半は各自2~3曲の持ち歌を披露し、軽い昼食を挟んでOB・OG

さんたちのオープンマイクとなる。私たちは発表会の途中から会場に入ったが、メンバー達が「久し振りですね~、

お元気そうですね!」と次から次へと声掛けしてくれ、一気に懐かしい仲間たちの中に入ることができた。Rocoも

何人か知り合いがいたので、色々と話がはずんだ。発表曲はボサノバのスタンダード曲がほとんどなので、私自身

にとっても、慣れ親しんだ懐かしいサウンドだった。




Taka(ウクレレ弾き語り)とRoco(ピアニカ)の披露曲は、『Coração de Wine-Red ワインレッドの心』と
『つりたのしみびとのうた』、最近YouTubeに動画をアップしたばかりだが、珍しいウクレレとピアニカの
デュオ・サウンドを楽しんでいただいた。Photo by Takeuchi



出番を終えた後、他のメンバー達の歌と演奏をしばらく拝聴した。その間ポルトガル語をメンバー達にも教えてい

るPA先生と話が出来、「ワインレッドの心」が小野リサのCDアルバムに収録されていることや、他にもザ・ピーナ

ッツと松任谷由実の曲も入っていることなどを伝えたりした。J-POPSのヒット曲がポルトガル語のバージョン

(Mario Adet詞)であることにも関心を示して、「ひと工夫された言葉とアレンジが良かった!」とのお言葉をいた

だいて嬉しかった。また、YouTube動画の案内をボサノバ会の後メールでメンバーに送ったのに対し、「白馬で

の動画演奏、雨模様の外の景色と相まって良かったです。TDさん」とか、「ウクレレとピアニカ、優しい音でい

いですね。MIさん」などのコメントをいただいた。久し振りのボサノバ会だったが、私にとっては自身の音楽ルー

ツを再び確かめる機会となったし、Taka & Rocoのデュオ・サウンドについても関心を示してくれる方がおられた

ことで励みにもなったし、今回の参加には心嬉しいものが多いにあった。


0 件のコメント: