2009年9月22日火曜日

゛BOSSA DUO゛Taka e Tomo LIVE





上:ライブを終えて、二人で撮ってもらったショット、会場の熱気とGtの熱い演奏で私のシャツは汗にまみれていたのだ!! Tomoさんは涼しい顔?

右:Twin Gt で歌い奏でるボサノヴァ、「密やかで甘いひびきに耳をすますひとときでした」と、店のライブレポートにも紹介されました! Photos by MU-San




この秋のファーストライブ・゛Taka e Tomo(タカ イ トモ)゛を荻窪アルカフェで開いた。前のグループの流れ客もあり、その夜の会場は満員御礼!Tomoさんの友だちや私の仲間も駆けつけてくれて、熱気の溢れる45分のライブとなった。

アルカフェは20人ほどで満席のちいさなライブハウスではあるが、佐々木マスターのPAコントロールとスピーカーセッティングも良く、とても気持ちよく唄い演奏できる会場なので、私もTomoさんも気に入っている。座席とライティングされたステージのレイアウトも程良く、歌と演奏をじっくり聴いてもらえるのが特徴。この夜も、静かな中にも聴いている人たちの思いが、拍手を通してビンビン伝わってきた。

この夜の演奏曲目は以下のとおり。

①オープニング: Samba de Verâo 夏のサンバ(EMaj)
②Vivo Sonhando 夢ばかり見ている人(AMaj)

③Estrada Do Sol 太陽の道(Am)

④Saudage Da Bahia バイーアが懐かしい(CMaj)Ukulele Bossa

⑤Eu Não Existo Sem Você あなたなしでは生きられない(AMaj - Am)

⑥They Long To Be Close To You (BMaj)遥かなる影 70's POPS

⑦Sabado Em Copacabana コパカバーナの土曜日(GMaj):Taka Gt弾き語り

⑧Samba De Uma Nota Só ひとつだけの音で出来たサンバ(Bm):Tomo Gt 弾き語り

⑨エンディング:Corcovado コルコバード(Am)

ボサノヴァを初めて聴く人もいるだろう、ということで、曲の作詞・作曲者や歌の内容を紹介しながらの歌と演奏だった。演奏後の歓談の中で、ゴスペルの大御所YDさんとGtの名手チャーリー、そしてTomoさんの学友KYさんからは、Tomoさんの歌への高い評価をいただいた。また、オリジナル曲を唄うMUさんとチャーリーからは、私のGtの音色と高音でのハモリに対するお褒めの言葉をいただいた。まことに身に余る光栄だった。

これも、くり返し熱心なリハに取り組んできたTomoさんの精進の成果だと思う。そのリハを通じて曲のアレンジや表現を工夫し二人でしか出来ないサウンドを、ライブステージに集約できたことの結果と受け止めて、静かな喜びが胸に溢れた。歌のレベルもGtのテクニックも、またポルトガル語も、すべての表現はまだまだ稚拙ではあるけれども、上を見れば切りがないし、この時点でのベストをお互いに自己表現できたことが最大の成果だったと思う。来ていただいた方たちに楽しんでもらえたのが嬉しかった。
 ライブの後で、荻窪まで出張ってくれた仲間たちと乾杯し記念ショット! 家が遠方だったり、所用で早く帰らなければならなかったTomoさんの友だち夫婦と私の学友ODさんにも感謝! Photo by Teruo
私のライブに始めて来てくれた学友のODさんは、「ボサノヴァは、肩の力が抜け、ほぐれ、軽やかな気持ちになれる音楽ですね ♪ たか い ともさんのハーモニーはhappyでした!」と、後日メールを送ってくれた。ハイッ~ そうなんですよ! ずばり本質を衝いていますね、私もビックリするやら嬉しいやら...
さぁ~!次は10月と11月のワンマンライブです。フルートのTamtamも加わってくれるし、Tomoさんも来てくれるし、私のオリジナル曲も歌うぞ~! 乞うご期待です!

0 件のコメント: