2009年11月29日日曜日

TAKA LIVE in add9th 09.11.21

    この夜の演奏をすべて終えてお客様にごあいさつ、思わず笑顔がこぼれた。 All Photo by Yoshizawa


3回にわたって開催したこの秋冬のライブの閉めは、地元狛江のBlues & Jazz add9thでだった。私の音楽仲間や知人が駆けつけてくれ、人数はさほど多くはなかったが、じっくりと聴いて楽しんでいってくれた。

その一人、ヒデさんとはこの店がご縁で知り合い、この店恒例のセッションでは一緒にバンドを組んだり、歌をハモッたり、楽器演奏をして楽しむ仲で、親しくつき合いをしてもらっている。彼は写真が趣味で、愛用のNIKONのデジタル一眼レフで雰囲気のあるいい写真を撮る。今回掲載したライブ写真は、すべて彼に撮ってもらったもので、演奏者の表情を捉えるのはことさら難しいライブ演奏撮影の中から、気に入ったものを選んで載させてもらった。



この夜も歯切れのいいフルートを聴かせてくれたTamtam、゛柔らかな音色は ボサノヴァとよく合っている゛とUTさんからも好評(左)。


MISIAみたいにあまり歌い上げないところがいいねぇ!、と RYOさんにも気に入られたTomo さん、BOSSA NATURAL の歌声は健在。ハモリの歌あわせも、目でバッチリ! (右)
MCを控えめに! と思いつつも、今宵も語ってしまったわたし。う~ん、でも語り足りなかったなぁ! (左)
素早い手の動きで電光石火の゛三連譜゛をウクレレで披露、VOLARE はやはり乗りのいい曲だった! (中)
2nd Stage ともなると調子が出てきて、歌も演奏も、語りも滑らかになって来たではないか! (右)この夜のライブのために、私はプログラムを兼ねた小冊子を用意した。演奏17曲の簡単な解説を載せたプログラムと、ボサノヴァ各曲・ポルトガル語歌詞と和訳、オリジナル曲の歌詞を綴じたA5サイズ版18ページのものだった。歌の内容が解ると、これはとても好評だった。歌と演奏は、1st StageTaka & Tamtam のボサノヴァとオリジナル曲を6曲、TAKAのギター弾き語りで3曲。2nd Stageで、TAKAのギター・ウクレレの弾き語りを3曲、Taka e Tomo のデュオで3曲、最後に三人のBanda Pequena(バンダ・ピッケーナ:小さなバンドの意)でアンコールを入れて3曲、盛り沢山の計18曲の熱演だった。

当夜の演目を、以下記しておきます。
1st Stage>
①Wave(Vou te contar 君に告げよう)・DMaj Taka & Tamtam(Fl)
②Sábado Em Copacabana 土曜日のコパカバーナ・GMaj  〃

③Vivo Sonhando 夢ばかり見ている人・GMaj  〃
④Manhã De Carnaval カーニバルの朝・Am  〃
⑤Chega De Saudade 募る想い・Dm  〃
⑥Heart On Heart 想い重ねて・Gm TAKA Original
Comment Te Dire Adieu さよならを言うために・Am TAKA Gt 弾き語り
Falando De Amor 愛の語らい・Gm  〃
One Side Love 片想い・GMaj TAKA Original 〃

  <2nd Stage>
①シマフクロウとルリタテハ・Am TAKA Original TAKA Gt 弾き語り
②小春おばさん・Gm 井上陽水   〃
Volare ヴォラーレ・GMaj TAKA Ukulele弾き語り
④Saudade Da Bahia 懐かしいバイーア・CMaj Ukulele Taka e Tomo
⑤Estrada Do Sol 太陽の道・Am  〃
Samba De Verão '夏のサンバ・EMaj  〃
Água De Beber '美味しい水・Bm Banda Pequena(Taka/Tomo/Tamtam)
Corcovado コーコヴァードゥ・Am  〃
⑨Tristeza 悲しみ・CMaj (アンコール曲)  

Tomoさんとのウクレレボッサ曲「懐かしいバイーア」は、゛ハモリが良かった!゛UT)と好評、「太陽の道」のリズムアレンジとGt演奏も好評だった(UT)。オリジナル曲の「シマフクロウとルリタテハ」は、゛続編を聴かせてほしい゛(Kenyaマスター)との要望が出て、これは創らねばと気持ちを新たにしている。゛フレンチポップスを次回もっと演ってよ゛(Ryo)とか、゛TomoさんとのTw.Gtをもっと聴きたい!゛(HD)とか、演奏の後でみなさんから色々な声をいただいた。ありがとうございます、とても励みになります!!また次回のライブで楽しんでもらえるよう精進します。


Taka e Tomo のウクレレボッサ、好評につきレパートリーを増やしたいなぁ!(上)
バンダ・ピッケーナの3人での歌と演奏は、音のふくらみも出ていいサウンドが作れた。今後も機会を作ってこのユニットのライブ演奏を続けて行きたい。


お二人に共演してもらいながら、1回のデュオライブと2回のソロライブを9・10・11月と完了することが出来、約2時間の歌と演奏をやりきる自信がついたのは嬉しい。選曲や構成、アレンジや演出に色々工夫を凝らしてみたが、何よりも嬉しかったのは来て頂いた方たちにほんとに楽しんでもらえたことだった。ただ、集客についてはもう少し工夫が必要。
歌と演奏については、その曲世界の中心と流れをしっかり捕らえて曲の中に入れたものと、イントロが上手くは入れなかったり、Gt伴奏のコードが上手く運べなかったりで、それを捕らえられずヤキモキしたものとがあり、この辺の質をもっと高めることが今後の課題だと感じている。゛息のあった歌と演奏だね゛と感じてもらえるパフォーマンスを目指して、精進していこうと思う。
来年の春はまたここadd9thでライブをやりますので、皆さんお楽しみに!

0 件のコメント: