2009年12月22日火曜日

ダンディライオンとポテトサラダ


ダンディライオンとは、私の学友NAさんが開いているギフトの店の名前だ。゛ダンディなライオン゛かと思いきや、゛たんぽぽ゛の意味で、カラフルな手編みの毛糸製品やアクセサリー、作家物の陶器類などを、自由が丘のギャラリーで扱っている。今回は聖跡桜ヶ丘に出店しているとの案内をもらったので、寒晴れの日曜日(12/20)に出かけてみた。
聖蹟桜ヶ丘のショッピングモール:ザ・スクウェアのお店は結構広く、製品が沢山揃っていたが、丁度六人の作家による陶器展示がされていて目を惹いた。白磁・黒柚・常滑など、いろいろあった中で、森下さんという作家のシリーズが気に入った。器の外側が明るい土色、内側が水色柚で薄手の軽い器だ。その器を手にとって眺めながら、「そう言えば最近、料理の敷物(ランチマット)のいいものがないなぁ~!」と思い当たった。料理撮影の時には、雰囲気を出すのに、いい敷物と箸・箸立てが不可欠なのだが、手持ちのものも限られているので新しいものを探していたのだ。

ふと隣の店を見ると、゛リサイクル着物ショップ・たんす屋゛とあるではないか! 早速店に入り、黄八丈や大島紬などを見ながら店員のおば様に聞いてみると、敷物はないが帯の端切れがあると言う。見せてもらったらなかなか良いものがあったので3枚購入した。なんと、31,000円!!

かくして、水色の器と着物帯ランチマットが手に入った。丁度、大地の宅配で新じゃがのメイクイーンが届いていたので、これを煮て柔らかくし、鹿児島産のグリーンピースと埼玉産の人参を加え、同じく大地の生ウィンナー(中津ミート産、トマトバジル入り)を薄く刻み両面をフライパンで焦げ目をつけて和えた。味付けは塩・白胡椒、松田のマヨネーズにE.V.オリーブオイル。あまりベタベタにしないで、じゃがのホクホク感が舌に残る程度が美味しいのですよ!

器にポテトサラダを盛り、着物帯ランチマットに置くと、なんとも不思議な゛リッチ感゛が漂うではないか!帯独特の艶が彩りを与えてくれるようだ。沢山の料理を撮影してきたが、こんなショットも楽しい。他の2枚も、いずれここに登場させるつもりだ。もちろん、ポテトサラダも、とても美味だった。


      □色々な織物をはぎ合わせた着物帯、ポテトサラダの器と面白い取り合わせ Photo by TAKA

0 件のコメント: