2012年5月26日土曜日

ボサノヴァ・ナイト 第1回はおかげ様で盛況でした。



盛り上がったボサノヴァ・ナイトは、I さん(クラシック歌手・大木さんの音友)のボサノヴァ・アレンジ・ジャズの曲(「Fly Me To The Moon」や「Over The Rainbow」)も飛び出し、佳境に入った。All Photo By TAKA

ミュージック・スペース グレコで開かれた゛ボサノヴァ・ナイト゛は、ほぼ満席のお客さん(私を入れたハウスメンバーを含めて20数名)で埋まり、とても盛況だった。大半は、この店の常連客や大木さんファンの近隣の方々だったが、横須賀や小田原など遠方からの来客もあり、また、我がボサ友のタッキーと今井さんもジョイントしてくれて、素敵な歌と演奏を沢山披露いただいた。

何しろ新設ライブハウスでの初めてのボサノヴァ・ナイトなので、ホスト役を務める私は一人でも2人でもとにかく来てもらえればいい、位に腹をくくっていたのだが、思いも寄らずに店の席がほとんど埋まってしまったのでとても嬉しかった。この来客が引き続きお店に足を運んでいただけることを願いながら、気持ちを込めて歌い演奏した。


ライブはPM7時頃に、ハウス・トリオの演奏(「酒とバラの日々」などのジャズ・ナンバー)ではじまり、私が加わってボサノヴァのスタンダードナンバーを2曲をバンドで演奏した。「Vivo Sonhando 夢見る人」と「Samba De Verão 夏のサンバ」。ピアノとベースとの音合わせは少しできたのだが、ドラムのQP村山が到着したのは開演間近だったので、4人での音合わせなしで演奏開始となった。でも、とてもいい乗りで気持ちよく歌い演奏できた。
上:Mr.Koba(Ba)とサンシャイン・大木(Pf) 右:TAKA(Vo/Gt)とQP村山(Dr) Photo by A.Imai

これに続いて、タッキーがハウス・トリオと共演して、「ス・ワンダフル」と「ムーンリバー」のジャズ・ナンバーをボサノヴァ・アレンジで弾き語りした。私の使っている小型コンデンサーマイクを付けたギターをお貸ししたが、音は結構ナチュラルで良いし、ピアノやドラム、ベースの音にも負けないのでいい感じ! ジャズに明るいタッキーも歌っていて気持ちよさそうだった。
この夜、タッキーはノートブックPCに入れた譜面とコード表を使っていたが、ベースのKobaも、I-phoneにアプリを入れたコード表を使って演奏していた。ライブの現場でも、重い譜面や楽曲集を使わないで持ち運び便利な譜面を用意する人が増えているようだ。


 続いては、今井さんのギター・ソロ演奏だ。これも、今井さん自身のギターに私の小型マイクをつけて演奏していただいたが、通常のスタンドマイクのように、マイクにへばりつく必要がないので、弾きやすかったのでは、と思った。

曲は、「ジェット機のサンバ」と「田舎の汽車」の2曲、奥行きのあるギターのいい音が店に広がった。一般のお客にはあまり馴染みがない曲だが、ボサノヴァの名曲だ。常連客のオバ様たちにはやや受けが少なかったかも知れないが、K氏は今井さんの演奏にいたく感激して、あとで席に来られ、今井さんと音楽談義を熱心にされていた。

上:ハウス・トリオをバックに弾き語りするタッキー、Mr.KObaがフレームに入りきれなかった。
下:ギターソロの今井さん、なかなかいい雰囲気です。







さて、休憩のあとの2ndステージでは、ハウス・トリオのジャズナンバー、私が入ったボサノヴァ・スタンダード(「カーニヴァルの朝」と「イパネマの娘」)、タッキーと今井さんコラボ曲(「ブラジルの水彩画」と「コルコバード」)にハウス・トリオが加わって、そして来客 I さんの歌(トップフォト)などが続き、お客さんたちも盛り上がった、とても楽しい時間が続いた。
やはり、よく知っている曲へは、拍手や一緒に口ずさんだりの反応が顕著に出でくる。そうして楽しんでいる方々を見て、私たち出演者も楽しさを別けて頂くことができる。そんな想いを強くしたボサノヴァ・ナイトだった。
右上:お2人で伴奏しあったコラボ曲、とても良かったです。また、次の機会にも実現して欲しいです!
右下:大木さんファンのオネエ様たち、賑やかに、とても楽しそうに集っていました。

このオネエ様グループでは、「カーニヴァルの朝(黒いオルフェ)」と「イパネマの娘」ファンがちょうど2対2に分かれた。お近くなので、゛次回また来るわよ! ゛と、言っておられた。また来てくださいね!

実を言うと、この夜私はコアなボサノヴァ客のために、「ボサノヴァ深読みコーナー」というものを用意していた。その曲の作詞や作曲内容、時代背景や曲のドラマをちょっと掘り下げて紹介する、というものだ。アドニラン・バウボッサの「11時の汽車」のドラマツルギーを紹介し、スローサンバのこの曲を歌うつもりでいたが、今夜の来客を見て取りやめた。また次回、ボサノヴァ・ファンの状況を見た上でやろうと思っている。他にも何曲か、曲にまつわる色々な話があるので、お楽しみにしていてください。

この夜は、「できるだけこのお店に寄ってほしいので、」というオーナー大木さんの粋な計らいで、入場料は無料だった。その分皆さんに良く飲んで食べていただいた。
ご来場の皆様、本当にありがとうございました。今後も月一回(第4金曜日)のペースで開催します。歌い手とミュージシャン同士が、音を通じて会話できる時間、そして聴いていただくお客さんと音の会話ができる空間、を目指して、ジャンルに余り拘らない゛ボサノヴァ・ナイト゛のホスト役を務めますので、どうぞお気軽に遊びに来てください。よろしく~です。

0 件のコメント: