2014年7月13日日曜日

月下美人と新歌集



7月初めに開花する月下美人、薄暮の頃咲き始めその日の深夜には閉じて散ってしまう。この花
の開花に立ち会えるのは、よほど幸運な人だ。 椿珈琲店にて All Photo by TAKA


梅雨の真っただ中に、月下美人はその優雅で品のある白い花を開く。ご存知の方もいると思うが、メキシコ

熱帯雨林地帯原産のサボテン(クジャクサボテン属の多肉植物)だ。英名の「Dutchmans Pipe Cuctus」

(ドイツ人のパイプ状サボテン)には、イギリス人流のアイロニーが垣間見られる。香りの高い純白大輪の

花は、一夜で散ってしまうため、月の下で見る麗人に例えられるのだ。

その夜(7/5)、恒例の゛どようかい゛で椿を訪れると、入り口ドア脇に月下美人の鉢が置かれていた。茂子

ママにたずねると、10年ごしの鉢植えで毎年この時期に花を開くとのこと。茎も1メートル近くの高さまで伸び、

倒れないように支柱にしっかりと結わえられていた。今年は5輪の蕾をつけ、丁度この夜順次花開き始めて

いた。『Wao!  ラッキー!! 』と思わず歓声を上げてしまった。その夜は、マスターが店内に鉢を運び込み、花を

見ながらの歌会となった。皆で代わる代わる写メやデジカメの撮影をしながら、ギター・トラーペット・鳴り物・

歌の交感が続いたのだった。


月下美人の花をバックに、「昭和枯れすすき」を熱唱する゛美女と野獣゛? (サイトウさんカヨさん、ごめん!)


このどようかいに最近異変が起こっている。私のブログを見て知った、ということで、20代のカップル(Yくん

:フィギュアの羽生結弦似、とMさん:カホンをまたがって叩ける)二人が店を訪れるようになったのだ。どんな

が好きかと聞いてみると、「エグザイルだ」と彼は言う。エグザイルのAtsushiが歌う「わがまま」は愛唱歌

とのこと。失礼ながら私はその歌を知らなかったが、よく聞いてみると浪花のシンガー・ソング・ライター(SSW):

上田正樹が歌った曲で、Atsushiがカバーして歌っていたのだ。みんなそれを聞いて「へぇ~~!」と感心する

やら驚くやら。井上陽水の「少年時代」も好きだというから、私は早速「わがまま」の譜面を起こして、私の

ギター伴奏で彼が歌ってもらえるように用意したのだった。




新歌集に収録した20曲、山口百恵・松田聖子・ユーミン・中森明菜・高橋真梨子などのアラフォー・
アラサー世代によく知られる曲と、矢沢エーちゃん・井上陽水・上田正樹などのS.S.W.の曲を集めてみた。

地元の椿珈琲店に歌好きやミュージシャンが集まって開いてきた゛どようかい゛(以前はかようかい)も、数えて

みると早3年が過ぎた。お店に常備している歌集(茂子ママ特製・歌詞のみ)には、3冊で150曲の歌が集め

られている。昭和歌謡中心・オリジナル曲も入っているが、何せ中心メンバーが60代の団塊世代なので、自ず

からその世代の愛唱歌がメインだ。もちろん、エグザイルもないしAKB48もないのであ~る! ただ、同じ歌を

唄い続けているとどうしても飽きてくるし、歌われる歌も片寄ってくるのは否めない。そこで、もう少し若い世代

歌本を作ろうか、ということで、お店と相談して私がまず曲集めをすることになった。ニューミュージック系の

曲は、コードもやや凝っている(複雑)なので、私がコード付けをし、ギター伴奏しやすいようにしてみた。

原曲のキーでは歌いにくい(多くは高すぎる)のでやや下げ、成るべくC/ G/ F/ などの解りやすいキーに作り

なおした。これをコピーして5部ほど作り、お店に置けるのは次回からとなるが、メンバー達の反応がちょっと

楽しみだ。新歌集をもとに、また皆さんと共に楽しい時間が過ごせることを期待している。


新歌集は見やすいように歌詞の文字を大きくし、コードは薄いブルー色でわかりやすくした。





以前、自宅の鉢植えで咲かせたクジャク・サボテンの花、花芯の形(雌雄のしべ)と香り
(芳香ながらややバタ臭い)に違いはあるが、同じ属の特徴を持った花だ。こちらの方は、
開花期間は2日ほど続き、゛紅孔雀゛の名前のごとく鮮やかな花色が楽しめる。


0 件のコメント: