2015年1月18日日曜日

今年の事始め、あれこれ。




冬晴れが続く1月、雲一つない空の下では冠雪の富士山が眺められる(多摩川堰堤より)
Photo by TAKA


新年になったと思ったら、松の内も明け、成人式も過ぎて1月も早後半に入ってしまった。関東地方は、初雪が

散らついたり、冷たい雨が降ったりはあっても、概ね冬晴れの日が続き、日中の陽ざしもだんだん強くなって

きている。

初詣は、ここ10年程府中の大國魂神社に行くことにしているが、三ケ日の混雑を避け今年も4日に出かけた。

午後の陽ざしが溢れる神社の境内は、多くの参拝客が来ていたが、人の列もスムースに流れていて、混雑は

感じなかった。今年の健康と幸多きことを祈った後、恒例のおみくじを引いてみると、なんと『大吉』だった。

一緒にお参りしたRKさんによると、おみくじを引く時に『大吉 ! 』っと掛け声をかけてくれたとのこと。こいつは

春から縁起がいいわい ! ということで、この神社に来て2度目の大吉を喜んだ。


地域サービスの仕事始めは5日だったが、今年も地域のじい様・ばあ様・障害者・難病の方達をケアする

ことを、続けて行くつもりだ。週半分くらいの時間ではあるが、自分に可能な範囲でサービスに従事しようと

思っている。なかなか大変な仕事ではあるが、自転車で近所を周って仕事する、という気楽な面もあるし、

自分のスケジュールに合わせて仕事できるのがいいなと思っている。この仕事をしているケアマネージャー

や看護師・介護福祉士など、仕事仲間の息抜きを兼ねて、『タカうたかい』(仲間たちがこの名前をつけて

くれた)をすでに2度開いているが(去年の7月と10月)、3回目を1月23日(金)に開催することになった。皆で

会場の椿珈琲店に集まり、美味しいお酒と茂子ママの手料理をいただきながら、ギター伴奏で歌ったり聞い

たりしてリラックスしよう ! という気楽な会だ。


その椿珈琲店で続けている『どようかい』は、10日が初会合、17日も合わせて常連さんたちが集まり、今年の

盛会を祈って乾杯した。ウッチー・大介・イズミちゃん・タッキー・ハジメちゃん・ヒサコさん・キリさん等に加

えて、17日は若いユウキくん・ミキさん(20代後半)やコマキくんも来て、賑やかな歌会となった。新歌集を

作ったけれども、歌い手がいなかった曲(『24時間の神話』:ヴォイス や『ハナミズキ』:一青窈)を若い二人が

歌ったり、『青い珊瑚礁』:松田聖子をキリさんが、『東京砂漠』:前川清をコマキくんが歌ったり、夜遅くまで、

歌と演奏を皆で楽しんだ。〆はイズミちゃんの『ファラウェイ』(オリジナル・ソング)と、私タカの『ときめきの夜』

(歌会のテーマ曲)だった。


9日(金)の夜は、今年の挨拶を兼ねて経堂の音楽酒場ピックを訪れた。この店でのセッションは、『洋楽ナイト』

・『ハードロックセッション』・『ベストテン・セッション』など、幾つかの催しがあるが、その夜は自由度の高い

『フリー・セッション』の日だった。最近、この店に集う若いミュージシャンたち(20代後半):ソウヘイくん(プロの

ベーシスト、ベースでコードもソロも弾いてしまうという実力派)・ユウヤくん(El.Gtを奏でるスタジオ・ミュージ

シャン)・てっちゃん(音楽院で教えるドラマー、生徒は8割が女性とのこと、羨ましい~!)等にKくん(ソウヘイ

くんの弟子)も加わって、彼らの即興曲・セッションが始まり、それををしばらく楽しんだ。


私自身の音楽事始めは、正月休み中にスタートし、3月15日(日曜日・午後3時開演)にこの店で開催する

『ジョビアゥ・タカバンド ライブ』の準備に入った。予定曲(約16曲)の譜面を整理し、私自身の弾き語りで、

各曲の録音(ICレコーダーによる)をしてみた。今回は、ボサノヴァ・サンバのスタンダード曲に加えて、新曲

を7曲入れるので、従来のライブとはまた違った趣向で構成しようと思っている。ウクレレ曲も久し振りに

2曲(『懐かしのバイーア』をウクレレレ・ボッサで、B.バカラックの名曲『雨にぬれても』も)入れるつもりだ。

この譜面と録音・音源を予めメンバー達に渡しておいて、ライブ前にじっくりとリハをやって本番に臨むつもり

今回のメンバー達は、いずれ劣らぬ実力者たちなので、私は安心して歌と演奏に集中できそうだ。


ウッチー(Pf):早稲田ジャズ研出身、ライブ歴は30年を超えるベテラン。現在も「大介バンド」と「G.フラット」
でピアニストとして活躍中。タカバンド結成から参加、ピアニストとして乗りのいい演奏で、聴く人を心地いい
世界に連れて行ってくれる。

KAZA(Ba):プロのベーシスト、現在も多くのバンドに参加して活躍中。クレイジー・ラブ(経堂のジャズ・バー)
では、セッション・マスターとして出演。ウッドベースで、ファンキーなサウンドを楽しませてくれる。

Kemmy(Dr):早稲田ジャズ研出身、「大介バンド」でもDrを担当。現在、「Kemmy and Emmy」のバンマス
として、Jazz Bird(表参道のライブハウス)に定期的に出演。キレのいいリズムで、縦横無尽に太鼓を叩く。


私の歌とGt演奏を支えてくれる彼等に期待するとともに、曲によっては、この強力なメンバー達の掛け合い

も見物(聞き物?)だと思う。

もう一つ準備しているのは(現在交渉中だが)、女性ヴァイオリニストの参加だ。特に、私のオリジナル曲

(ラブバラード)やボサノヴァ曲に、流麗なヴァイオリン・サウンドを加えて、曲のハーモニー作りにトライして

みたいのだ。リーフレット等の案内は、今月中に皆様の元へお届けする予定だが、新しい趣向を凝らした

楽しいライブにしようと準備しています。乞う、ご期待 ! です。


もう一つ付け加えると、今年の泳ぎ始めはご近所の調和小学校のプールだった。25mが7コースの小さな

プールだが、温水プールとサウナなど設備も整っているし、近隣の方達の水泳・水中ウォーキング教室と

して利用者も多く、地域スポーツの拠点ともなっている。平日だと割と空いているので、ここで筋力の維持や

身体をほぐしながら、健康で暮らせるよう体調を整えたいと思っている。



自宅ベランダから見られる夕映えの富士山、真冬のピンッと張りつめた空気の中で、
空のグラデーション色とシルエットがきれいだ。

0 件のコメント: