2016年7月31日日曜日

今夏もブルーベリー摘み採りを、ご近所のとみなが農園で楽しんだ。




朝8時の開園前に集まったご近所さんたちは、摘み取り開始の案内とともにプラバケツを持って、3か所の
ブルーベリー畑に三々五々散っていった。 All Photo by TAKA


ご近所のとみなが農園で、今年もブルーベリー摘み採りが始まっているので、7月最後の日曜日に食い友RKさんを誘って

行ってみた。ブルーベリー園はスタートしてからことしで7(8?)年目なのだが、始めは1面だけだった畑がすでに3面に増え、

新苗を植えた畑や他の果物畑(ラズベリーやはちみつを採取する花園など)も増えてなかなかの充実振りなのだ。ご近所

でも評判が上がり、おじいちゃん・おばあちゃん、パパとママ、子供たち・孫たちまでこぞって集まるようになり、先に植えた

ブルーベリーの木も幹や枝が茂り、沢山の実を付けるようになっているので、完熟した実の摘み取りを楽しめる。私は今年で

3回目だが、この園の側を通る度に、何時来ようかな、と毎年楽しみしているのだ。



やや小振りだが、酸味のある濃い甘さが人気の『ティフ・ブルー』(ラビットアイ系)、完熟した実をたわわに実らせていた。



樹枝の作りが下枝まで延ばせているので、小さな子供達にも摘み取りが沢山出来る。大人の目が届かない下枝は
子供たちの領分だ。家族連れで楽しめるのもいい。



雨予報で心配された天気も朝の内は晴れあがり、熱い夏の日差しが照り付けたが、風が通っていたのでさほど暑さは感じ

なかった。ブルーベリーの完熟した実は、触っただけでハラリッと落ちる。下に受けるバケツを置いておくだけで、どんどん

摘み取りができる。完熟した実を選んで摘んだら40分程でバケツ一杯になってしまった。私は約2㎏、RKさんは1,5㎏を

摘み採ったが、買取りの会計は100g210円で持ち帰りできる。日頃お世話になっている人へお裾分けして、後は冷棟保存

して、毎朝ヨーグルトとともに食べることにしている。少しづつ食べるので年内位持つかもしれない。アントニシアンと

ビタミン(CとE)たっぷりのブルーベリーは目にとても良いので、これを食べ続けたら夜空を飛ぶ人工衛星もばっちり見える

かもしれない(!?)


大振りの『バルドゥィン』(ラビットアイ系)は順次熟していくので、未熟の青い実・赤い実も一緒についている。完熟した
実は直径1,5cm程あって甘味が強い。



大きなバケツ(園で受付の時に貸してくれる)に一杯のブルーベリーを摘んでご満悦の私。


摘み終えて周りの畑を見てみたら、『ミスティ』とか『タロー』とか新しい品種の木が植えてあったり、3面の奥の方に、新苗の

ブルーベリー畑が出来ていたり、新しい展開も見られたので今後も楽しみが増えた。狛江は造園業を営む方たちが多い

のだが、最近その畑が宅地になったり建売住宅になったりで、緑がどんどん減っているのはとても淋してことだと思っている。

でもとみなか農園のように、地元の方達に愛される農業と緑地を残していく取り組みが同時に出来ているのは、まことに歓迎

すべきことなので、これからも応援しつつ大いに利用させてもらいたいものだ。駐輪場も駐車場もあるのでなかなか便利です。



入口の大きな木製看板は目立つのですぐわかる。


0 件のコメント: