2017年8月23日水曜日

ケープ真鶴とルスカ熱海



ケープ真鶴の展望台から眺めた゛三ツ石゛海岸の景色、海から立ち上る水蒸気で水平線は霞んでいたが、
久し振りの夏日で雲間から明るい陽射しが降りそそいでいた。湿度はとても高くて蒸し暑さに閉口したが。
All Photo by Jovial TAKA



ようやく夏の陽射しが戻って来た。8月前半は毎日のように雨の降る時間帯があり、台風3号とゲリラ豪雨の大雨

あった。雷雨も頻繁で気温も低い日が続き、一体夏はどこへ行ってしまったのだ? と不安になったものだ。気象

予報士泣かせの「大気不安定」のおかげで、連続降雨20日のありがたくない記録も更新された(40年振りとか!)。

今週に入って久し振りに夏の陽射しが照ってきたので、ちょっと近場へドライブしよう、ということで、ドラ

(ドライブ友達!?)HIさんと相模湾方向に行ってみた。



ケープ真鶴の展望台から少し下った斜面の中腹にある「岬の珈琲屋」の看板。゛ボチボチ営業しています゛
には笑ってしまった。


何処へ行くとも決めてない゛行き当たりばったり゛のドライブなので、とりあえず東名・小田原厚木・135号と道路

を走り、湯河原まで来てから真鶴半島の先に行ってみよう、ということになった。真鶴駅前からひなびた漁師町を

抜けていくと、半島の鬱蒼とした保安林の狭い道の先に゛ケープ真鶴゛という町営の施設があり、脇の駐車場に車を

止めて太平洋を眺望する展望台まで上がった。



夏花のカンナも鮮やかな色の花を咲かせていたが、そろそろ花も咲き終わりの時期の様だった。ハマユウも
あちこちに咲いていたが、こちらの方は花期も終わりになって、枯れた花穂の中に白い花びらが残っていた
だけだった


前掲の゛三ツ石゛は、展望台から見ると右側の二石が重なって見えてしまうので゛二ツ石゛にしか見えないのだ

が、展望台西側の馬場浦海岸側から見ると、はっきり゛三ツ石゛に見えるとのこと(これは、後で調べてみて分か

ったことなのだが)。特に満潮時に海岸のゴツゴツ石が皆海面に隠れると、はっきりわかるとのこと。展望台から下

の海岸へは数十mの坂道を降りていかなくてはならないので、この日は遠慮した。暑さと湿気で汗まみれになりそ

うなので。


蒸し暑い展望台を逃れて、ケープ真鶴の喫茶店でソフトクリームを楽しんだ。バニラとマンゴーのミックスは、
冷たくて一気に体感温度が下がった! やはり夏はソフトクリームだね!


ケープ真鶴の建物、中には物産店やカフェなどがあり、真鶴半島のジオラマ展示や漁師保案林(御林ー
おはやし、という)の紹介などのコーナーがあり、無料休憩所などもあって便利。


ソフトクリームを食べながら、「ケープ真鶴」というのは珍しい名前だね、という話になり、私にとっては「Cape

 Cod・コッド岬」とか「Cape Canaberal・ケネディ宇宙センターのある半島」を連想していたので、「真鶴岬」と

知れていたのだけれど、一般の人にはわかり難いかもしれない、という話に落ちついた。また、「良い海は良い森

から作られる」の例えに話が移り、江戸時代(300年以上も前)から、漁師保安林としてスダジイやクスノキ・黒松な

どの樹が半島に植えられ、それらが現在多くの巨木(樹齢300年以上)として残っているのは感心しきりだった。ケープ

真鶴の周りにも、立派な黒松の巨木が何本もそびえ立っているのはとても見事だった。その御林で枯れた巨木の切

り口が施設内に展示されていて、その年輪の数を見られるのも面白かった。





熱海駅前の土産物店や食事処の賑わい振りにはびっくり! 若い人たちの多さが目立った。「Lusca」(ルスカ)ー
JR駅ビルが建てられ、駐車場も整備されたので、古い熱海駅のイメージが一新され、買い物や食事に集まる
人も増え、観光客の増加にも一役買っているようだ。


さて、朝早めの出発だったので(8時頃)、そろそろお腹も空いてきた、ということで熱海に行ってみた。海岸線の

駐車場を探すよりもいっそ駅周辺の食事処がいいのでは? という判断だった。丁度タイミングよく空いた駅前の

駐車場に車を入れ、駅前通りをぶらぶらしてみた。夏休み中とはいえ平日の賑わいに驚きながら、2~3軒食べ物

屋を覗いてみたが、和食の魚貝類も観光地値段で結構高いし、一度並んだお店も暑い中待たされそうだったので、

新しく出来た駅ビルの中に行ってみた。これが結局正解だったのだが、まだ昼前だったせいか頃合いの和食店に

入れた。



駿河湾から上がった材料をテンコ盛りにした゛しらす・サクラえび丼゛、摺おろしの本わさび(伊豆産か?)も乗って
いて、その本物の辛さ(鼻にツンッと抜け眼からは涙がこぼれる)に大満足、とても美味しかった(一人前1,360円也)。



熱海駅も随分モダンな構えになりました! 駅前の人と車の動線が整備され、駐車場が完備されたのが大きい
と思う。とても寄りやすくなった気がする。


天候不順のため出かける機会がほとんどなかったこの夏だったので、今回の真鶴行きはとてもいい気晴らしになった。

廻った場所も「ケープ」と「ルスカ」という何やら国籍不明の名前だったので、ちょっと笑えました。そしてまた、

猛暑がぶり返してくるようだが、もう8月もそろそろ終わり、直に秋風の便りも来ることと思う。

0 件のコメント: