2018年8月31日金曜日

ウクレレケースを、軽くて持ち運びに便利なソフトケースに替えてみた。




入手したソフトケースと愛用のコンサートウクレレ。ウクレレはYukinobu Chai No,9で、トップスはシダ―・
フィンガーボードとヘッドはローズウッド製、マーチンのナイロン弦を装着してある。歯切れのいい澄んだ
音色が身上、2006年10月に神田の楽器店で見つけてその場で購入したもの。ちょっと高価だったがお気に入り
の一品です。



最近、またウクレレを良く弾くようになった。きっかけは、新オリジナル曲『釣楽人 つりたのしみびとのうた』を

ウクレレ伴奏で弾き語りしたことだ。そのことはこのブログでも紹介し(6月11日、12日の2回)、白馬のコテージで

収録した投稿動画をYouTubeにも載せている。軽快で歯切れのいいカッティングができるウクレレと、大自然の中

で渓流釣りや露天風呂を楽しめるアウトドアライフの開放感が、旨くマッチできた曲に仕上がったと思っている。

なんか、ちょっと浮き浮き気分で歌えるのが良いのだ。それにしても、今まで使っていたウクレレのハードケース

は、しっかり出来てはいるものの如何せん重たい。ピアニカを弾く音友とのデュエットや、地元音楽仲間との歌

会などにも、もう少し気軽に持っていけたらいいなと思い、新ソフトケースを入手した。


こういう時はやはりネット通販が便利で、色々探した結果エスニック柄のソフトケース(Jiuxun社・中国製)を

Amazonで見つけて注文した。3日後に届いた梱包を開けてみると、ネット上の商品紹介には、長さ66㎝と記載され

ていたのに、実際は71㎝もあった。要するにワンサイズ大きなぶかぶかなものだった。返品交換をしなければ、

と思ったものの、こういう場合通販は結構手続きが面倒なのだ。受信メールの注文履歴で返品案内を確かめてみ

ると、一旦返品し返金(銀行口座振り込みかギフト券)を受けてから、再度ワンサイズ下のケースを再注文する形に

なるのだ。方法が決められているので、返品手続きをメールで送り、ヤマト便で埼玉の物流センターに着払いで

返品した。返金されたギフト券(2,999円)をそのまま使い、再注文したら、2日後に製品が届いた。今回は大丈夫だ

った。


事の発端は、サイト上に乗せている製品サイズが正確でなかったことによる。要らぬ手間ひまをかけられた出展社

には色々文句を言いたいところだが、届いた製品には満足している。ちょっと派手な柄だが、ウクレレの仕舞い加

減もいいし、何よりも軽くて丈夫なのが良い。このケースに入れて、気軽に肩にかけてウクレレを持っていくこと

ができるので、これからが楽しみだ。9月の25日には、以前在籍した教室の生徒さんたちのボサノヴァの発表会があ

るので、それを聴きがてらウクレレとピアニカのテュオで、ちょっと曲を披露しようと目論んでいる。


0 件のコメント: