2008年6月16日月曜日

神宮御苑の花菖蒲田


雑木林に囲まれた美しい花菖蒲田Photo by TAKA



毎年梅雨のこの時期になると、花菖蒲がきれいだ。都心の代々木から原宿にかけて、明治神宮の鬱蒼とした森が広がり、その中に御苑の花菖蒲田がある。ここは関東でも随一の花菖蒲の名所で、葛飾の堀切菖蒲園や水元公園、潮来の前川あやめ園、大船植物園などとともに訪れる人の多い菖蒲園だ(入場料500円)。


神宮の森に降った雨は、ハケとなった地形の最奥・清正の井戸からコンコンと湧き水になり、棚田の花菖蒲田を流れて南池に注いでいる。湧き水の量は相当なもので、清水が流れる様は都会の雑踏を離れた別天地の観がある。ひんやりとした空気と静寂の中で花菖蒲を見られるのは嬉しいことだ。
ここに居て花菖蒲を見ていると、気持ちが和みますね!



この御苑は江戸初期以来、加藤家、井伊家の下屋敷の庭園だったが、明治時代に宮内省管轄となり今日に及んでいる。集められた花菖蒲の種類は、江戸系・肥後系・伊勢系が中心であり、純国産の
由緒ある種類であるのが特徴で、花の名前もその歴史を感じさせるものが多い。


私自身は、紫系の花色が好きで、薄い色から濃い色へ、青紫から赤紫にグラデーションしていく色の変化にとても心魅かれるわけで、花菖蒲は白色系のものも含めて、その色変化が楽しめるので好きな花のトップグループに入りますね。

花菖蒲のきれいなグラデーション

花菖蒲・深窓美人 /  花菖蒲・玉鉾 /  滾々と湧き出る清正の井戸





http://www.meijijingu.or.jp/midokoro/2.html

0 件のコメント: