2009年6月21日日曜日

山本のりこ&マツモニカ ライブ

ハーモニカとボサノヴァの相性もなかなか良いですね! 西荻窪・音や金時にて Photo by TAKA
ボサ友ともさん(混がらないでね!)に誘われて、西荻窪の゛音や金時゛に出かけた。当日は1ステージの途中からだったが、山本のりこさんのギターと歌、共演のmatumonicaさんのハーモニカを楽しんだ。山本さんは小柄な体躯ながら、愛用のホセ・ヤコピから弾きだすギターの音色はとても滑らかで、アルト系の柔らかな歌声と相まって、くつろげるサウンドを紡ぎだしていた。
マツモニカさんのハーモニカを聴くのは初めてであったが、メロディラインにメリハリがあり、山本さんのギター・歌とマッチしていて、心地よい響きだった。1曲々、曲の詞内容を丁寧に紹介しながらの演奏であったが、私が一番感心したのはそのギター・カッティングだった。ボサノヴァの「Agua de Beber」は、さすがにスタンダードなシンコペーションだったが、「Chovendo Na Roseira」はバイァンの3拍子、ショーロの名曲「Carinhoso」は、ゆったりとしたンチャーチャ 〃 ♪、おおきなマニュエル」は、ショーロ風の細かなリズムで、また、お好きなカエターノ・ヴェローゾの曲に自分の詞を付けた「吟遊詩人」は、やはりショーロのリズムでンチャウン、チャーチャウン♪、という風で、その曲ごとに多彩なリズムで曲の世界を表現していたのは、新鮮な驚きだった。それは、゛のりこワールド゛と呼びたい独特の音世界だった。
この夜は、山本さんにギターを学ぶ3人のボサ友(ともさんもその1人)と一緒に、この店の看板メニュー:ネパール料理のラムカレーやチャパティの野菜ピザをいただきながら、ビールとワインを飲んでのくつろいだひと時を過ごせた。演奏後、山本さんの了解を得て、愛用のホせ・ヤコピを触らせていただいたが、その音色はあくまで柔らかく、人を包み込むような素敵なものだった。ショーロの曲をもっと聴いてみたいな! という思いが強くなり、また機会を作ってライブを覗いてみたい。

0 件のコメント: