2010年10月30日土曜日

錦絵、シーパール、ファルツァーゴールド...

  □花弁縁が濃いピンクの「プリンセス・ド・モナコ(仏・HT系)」、咲き揃った様はとても艶やか All Photo by TAKA
秋日和の朝、曇り空ではあったが、例によって早起きして出かけた。TVのニュースで、横浜海の見える丘公園の秋バラが見頃だとの情報があったが、電動チャリで20分程の神代植物園は行きやすいので、ついこちらに足が向いてしまう。秋バラお目当ての来園者も多く、開園直後でも見物人がカメラ片手にあちらこちらに見受けられた。
夏バラの項(2009/5/15)でこのブログに載せたように、この植物園のバラでは、「サムライ(黒赤・仏HT系)」・「フィデリオ(橙赤・仏FL系)」、「マチルダ(中輪ピンク・仏Fl系)」などが私の好きなバラなのだが、秋バラにも素敵な種類がたくさん咲き揃っていて、とても楽しい出会いだった。

「錦絵(日本・Fl系)」は、中輪の橙赤色だが、咲き拡がるに従って花弁の赤みを増す。花芯は明るいオレンジなので、色ののグラデーションがきれいだ。外縁の花弁が尖っているのも珍しい形状だ(左)。このバラが何本も咲き揃っていると、とてもにぎやかな感じがする。










アイリッシュ・ミスト(英・FL系)の珊瑚のような、ピンク色掛かった橙色は、始めてみるバラの色だった。この広いバラ園でも、開花のベストタイミングに出会うのはなかなか稀なのだが、種類も多いことから開花を見過ごしてしまう場合もある。気品のある柔らかな容姿は、英国の貴婦人を見る思いだった。咲き開いた花弁の形も美しいし、香りもほのかでいい(右)。

白・ピンク・黄色など、花色が明るいバラは蕾から開花につれて、外側の花びらが傷んだりリ、色を失ったり、茶色に変色していくものが多い。でも、「ファイツァー・ゴールド(独・HT系)」は、花弁に白色がやや交じるものの、きれいな黄色を失わずに咲き続ける。私のバラ選択肢の一つの条件なのでもあるが、゛きれいに咲き続ける゛のは、やはり見ていても心が弾む(左)。







中輪のフィデリオは、蕾も咲ききった姿もともにきれいだ。色を失わずに群れて咲く様はとても華やか。
シーパール(英・FL系)の橙色がかったピンク色はとても微妙な色だ。気品のあるアイリッシュ・ミストと較べると、ぽってりした感じで可愛らしい。゛真珠のような耀き゛を賞して名前が付けられたのだろう(右)。









ダブル・デライト(米・HT系)の花色も珍しいと思う。斑のあるピンク色の花弁の外縁は濃いピンクで、このグラデーションが奥行きと成熟を感じさせる。香りは、凛としたコスメチック系、さしずめ大柄な健康美人かも。




そろそろ混み始めてきた園を昼前に退散したが、天候不順のこの秋にしては晴れの続いた週末に恵まれて、秋バラの開花を楽しむことができた。今まで見られなかった種類のバラと出会えたのもラッキーであった。

0 件のコメント: