2012年2月25日土曜日

HOさんの゛追ん出し会゛での、ボサノヴァ・ミニライブ


春のこの時期は、移動の時期である。私が地域サービスで係わっている事業所のチーム・リーダーのHOさんが、都内同区のとなりの事業所に転勤することになり、有志が集まって゛追ん出し会(歓送会)゛を開いた。駅近くの小さなカフェ(「シャルトリューズ カフェ」という名前)を借り切って、20名余が食事つき・飲み放題の楽しい会を開いた。幹事役で長老のKMさんがよく利用されるのカフェで、時折音楽ライブも開かれるので、コンパクトなPA機器も揃っている格好の場所だった。
HOさんは、今の事業所に7年勤続され、私がそこでサービスを始めてから約4年に渡り、私のサービス・パートナーとして、利用者のサービス・スケジュール管理や新規利用者のサービス案内を担当していただいた方で、とてもお世話になっていたのである。また、サービス従事者としては圧倒的に女性が多い職場で、事業所の方だけでなく、福祉施設や通所施設の男性職員の方たちと一緒に、時折゛飲み会゛をして情報交換をし、大いに盛り上がり、男性劣勢を挽回するために頑張ってきた仲でもあった。(ちと、おおげさ!)
今宵は、ソロの弾き語りでボサノヴァをご披露 Photo by Kimura

幹事のKMさんと相談し、何か良い趣向を準備しようということになり、私がボランティアで歌とギターの演奏を披露することになった。併せて、歌好きの方には私の伴奏で大いに歌ってもらおう、というわけである。夕刻6時30分スタートの会は、仕事あがりのために遅れて来た方もあり、みんなが揃ったのは7時30分ころ、ボリュームのある鶏料理やサラダなどに加えて、ビール・ワイン・日本酒などが入り、皆さんはすっかり打ち解けていた。日頃なかなか顔を合わせる機会が少ないので、同じ利用者の担当と解かり、挨拶したり色々情報交換したりで賑やかだった。

このお店には小出力のアンプが常備されていたので、PAに明るいお店のMさんに、事前にヴォーカルとギター用に2本のマイクをセッティングしてもらってあった。KMさんの紹介でボサノヴァミニ・ライブが始まった。
今宵の私は、「ボサノヴァ伝道師」のつもりで、よく知られている『カーニヴァルの朝』や『たった一つの音でできたサンバ』、そしてサンバアレンジの『ヴォラーレ』と『黄昏のビギン』、最後にオリジナル曲の『君に酔ってしまいそうな夜』計5曲をご披露した。
賑やかに会食する出席者の皆さん Photo by TAKA

賑やかな中にもたくさん拍手をいただいて私の歌と演奏が終わると、歌好きのFKさんが「私も歌うわよぉ~」と前に出てこられ、持ち歌の『サントワ・マミー』を熱唱された。私は伴奏者に早代わりし、その方のキーに合わせてギターを弾いた。続いて、演歌大好きなFUさんが、小林幸子の『雪椿』行きま~す、とマイクを握り締め、思い入れたっぷりの歌を披露された。当の私は、演歌でも何でも来い、だ。椿の゛かようかい゛で鍛えているからね。
しかし、GOさんのリクエスト曲『デスペラード』(イーグルス)は歌詞があやふやで歌えないので、代わりに本人がお好きなB.バカラックの『雨にぬれても』を歌っていただいた。
そんな賑やかな歌会と飲み会は、YAさんのギター演奏が入ったりしてあっという間に3時間ほどが経ってしまった。会を終える直前に、「もっとボサノヴァを聴きたい~!」、という要請があり、中には初めてボサノヴァの生演奏を聴いた、という方も居られたので、私は『イパネマの娘』と『おいしい水』を弾き語りしてお応えした。それは、私にとっても嬉しいことだった。

最後に、移られるHOさんと後任のKGさんの挨拶があり、HOさんには伊東屋謹製の名前入り筆記具3点セットと出席者全員のサイン入りエプロンが進呈された。後でご本人からは「素晴らしく、楽しい会でした。ボサノヴァも伴奏の歌も最高でした!」というお礼のメールが届いた。私にとっても、歌と演奏を楽しんでいただけた素敵な夜となった。
挨拶するHOさんとKGさんのお二人、これからもよろしく!

0 件のコメント: