2012年10月30日火曜日

タカ・ソロライブは、音楽仲間のパーティに。


今回のライブは、ウッチー(Pf)、チャーリー(Ba)、TAKA(Vo/Gt)のトリオで演奏、たまたま衣装の色が、黒ベースの白・赤・紫で、なかなか着映えしていた。 All Photo by Take-chan
小雨がぱらついた雨の日曜日(28日)、経堂の音楽酒場ピックで、「Jovial TAKA SOLO LIVE」を開催した。゛私のオリジナル・ソングを思いっきり歌いたい!゛というわがままを聞いてもらい、音友・ウッチーのピアノと、チャーリーのベースにアシストしてもらったライブだった。ウッチーとは、何度かバンドを組んでライブをしているが、チャーリーは今回が初めて。共に地元狛江の音楽仲間で、2度のリハをしてからこのライブに臨んだ。、゛歌うように、囁くように゛奏でるウッチーのピアノと、小気味良いリズムを刻むチャーリーのベースに乗って、ギターを弾き語る私の歌は、とてもリラックスした楽しい音色となった。また、このライブハウスのPA環境は抜群に良かったので、歌う私も本当に気持ちよかった。
今回ジョイントして共演したり、自分の持ち歌を披露してくれた音友たちに、私はとても感謝している。私の歌にリズム楽器(マラカス)で入ってくれたAYAさん、カバサで調子を取ってくれたキリさん、おかげ様で、リズムが安定して曲調がグンと良くなった。2部でハモニカ独奏を披露してくれたタケちゃん(「愛の賛歌」と「帰れソレントへ」)、ハワイアンのナンバーをウクレレの弾き語りで歌ってくれたAYAさん(「エ・クゥ・スウィート~」とリズムカルな曲「モキハナ・ララバイ」)、本当に素敵でした。そして、ライブで歌うのは初めてという hirokoさんには、私の歌のコーラスパートを1人で歌ってもらった。初めてにもかかわらず、声がしっかり出ていて良かったです!
AYA さんのマラカスとキリさんのカバサに乗って歌った「アントニコ」、この演歌的雰囲気を持ったボサノヴァ曲に、私は日本語詞つけて、ポル語と交互に歌ってみた。歌詞の内容が良く判るように、という試みだったが、好評だった(左)。






hirokoさんには、私の歌2曲:「愛とも知らないで」(愛とも)と、「君に酔ってしまいそうな夜」(君酔い)のコーラス、そしてAYAさんの「エ・クゥ・スウィート・ポイナ・オレ」のコーラスをやってもらった。
初めてのライブにしては、良くリズムに乗っていました(右)。


以下、この日歌った曲目を紹介しておきます。

<第1部>青色がオリジナル曲
1.黄昏のビギン(昭和歌謡)
2.One Side Love 片想い〔詞:カルロス・ミキ 曲:タカ〕
3.Heart on Heart 想い重ねて〔    〃    〕
4.愛はどこへ Where Our Love Has Gone?(最新作)〔詞・曲:タカ〕
5.アントニコ(ボサノヴァ・日本語歌詞つき)
6.Beside You あなたの側で〔詞・曲:タカ〕
7.愛とも知らないで〔詞:タカ 曲:QP村山〕
8.君に酔ってしまいそうな夜〔詞:QP村山 曲:タカ〕
9.ときめきの夜(ピックの午後バージョン)〔詞・曲:タカ〕

<第2部>
1.コルコヴァード(日本語詞つき)
2.愛の賛歌(タケちゃんハモニカ独奏)
3.帰れソレントへ(    〃    )
4.エ・クゥ・スウィート・ポイナ・オレ(AYAさん・ウクレレ弾き語り)
5.モキハナ・ララバイ(     〃     )
6.Autumn Leaves 枯葉 ー トリオ+Dr キリさん
7.黒いオルフェ      ー    〃
8.O Pato         ー    〃    
   Beside You あなたの側で : リクエスト曲


私がライブ活動を始めて以来、毎回私の歌と演奏を聴きに来てくれていた大学の学友 TOくんは、今回、身内の不幸があり、その後のゴタゴタの整理が片付かず、ライブには来られなかった。私は最新作の「愛はどこへ」(幼なじみの彼と彼女の別れ歌)を、彼に捧げる気持ちで心を込めて歌った。
゛あなそば゛の題名で皆さんに愛されている「Beside You あなたの側で」は、今日が誕生日の地域サービスのお仲間・Keiko さんにプレゼントするつもりだった。サプライズで゛ハッピー・バースデイ゛の歌を歌い、誕生日を祝った後、ご夫婦で来られる予定だったので、お二人に、゛掛け替えのない人、大切な人゛に対する想いを歌ったこの曲を捧げるつもりだった。前々日に突然の高熱で体調を崩されて、お二人ともライブには来られなかった。来場の皆さんにとっての゛側にいて欲しい人゛を思い浮かべていただいて聞いてもらった。
hiroko さんと一緒にコーラスをしてもらう予定だった原ちゃんは、実家の兄上が急死され、葬儀のため急遽故郷へ帰って行った。「愛とも知らないで」(昔の彼に対する懐かしさと悔恨の想いを歌った曲)は、私の詞とQP村山作曲の共作の歌だが、私は彼女に捧げるつもりでこの曲を静かに心を込めて歌った。
その当の共作者でドラマーのQP村山には、ドラムでジョイントしてもらう予定だったが、彼もライブと葬儀との超過密スケジュールのため来られなかった。


キリさんのドラムが入った2部からは、俄然メンバーたちが乗ってきた!最後の O Pato は、大盛り上がりだった。

色々な事情で来られなかった方も多かったが、私は2度と実現できないこの゛一期一会゛の集いを、皆で楽しく過ごそうと決めて、歌い、演奏した。毎回のことだが、ライブに来られた方たちのために、プロググラムや曲集の小冊子を用意するのだが、今回は私のオリジナル7曲を集めた楽譜集を用意して来場者にお配りした。ライブの後で、聴いた゛あの歌゛の歌詞やメロディを確かめていただけるように。
ライブはキリさんのドラムが入った後半の3曲(枯葉~ウ・パト)は、さながら熱いセッションの趣きとなり、歌・ピアノ・ベース・ドラムのソロが続いて白熱した掛け合いとなった。事故で肋骨を負傷したキリさんは、2ヵ月近くドラムのスティックを封印していたのだが、この日気持ちが乗ってきて、ドラムを叩きまくった。リハも無しのぶっつけ本番だったが、皆あきれるやら驚くやら、リズムがしっかりと入ると曲も盛り上がることを再認識し、皆で喜び合った。
もうひとつのサプライズは、私の用意した手作り料理・特製の「ローストビーフとクレソン」だった。私の料理好きを知っている皆さんのために、この日用意した。特製のタレをかけて、一部の終わった後皆さんに食べていただいた。ライブハウス・オーナーの高澤さんとスタッフ吉田さんにも賞味していただいた。もちろん、大好評でした!!


今回のライブでは、本当に皆さんに助けていただいて、楽しいライブが出来ました。皆さん、ほんとにありがとう!オーナーの高澤さんも後日のメールで、「とてもアットホームで、いいライブでしたよ!」と言っていただいた。タケちゃんには、ここに掲載した写真を撮ってもらった。忙しい中、ほんとにありがとう!学友のKZくんも、多忙の中遊びに来てくれてありがとうね!
音楽仲間の楽しいパーティは終わったが、もうひとつ楽しみが残っている。ライブ演奏は、私の手持ちのICレコーダーで録音できたが、とてもいい音で録音できている。それに加えて、このライブハウス備えのDVD撮りで、動画DVDをいただけることになったので、上手く編集が出来れば、後日このブログにも掲載できるかもしれない。
皆さん、お楽しみに!



0 件のコメント: