2014年3月31日月曜日

3月の歌会から


この夜は、゛井桁三人衆゛様が来ていて、早速セッションが始まった。左からA井さん(Ba)、F井さ
ん(Vo/Gt)、TAKA(Vo)、K井さん(Gt)  Photo by TAKA and Takazawa

毎月第3金曜日に音楽酒場ピックで開かれる『Jazz & Bossa Nova Night』、2月は大雪と寒さ

のために来たのは私だけだったので、珍しくもマスター(高澤さん)と吉田さんとワインを飲みながら

四方山話に終始したが(それも結構楽しかった!)、今回(3/21)は店に到着すると、すでにお三方

がカウンターでギターを弾きながら飲み始めていた。A井さんとは初めてお会いしたが、3人のお名

前が皆下に「井」が付くので、「井桁三人衆」ですね、と言って大いに笑い合い一気に和やかになっ

た。何時もは、ひとり2~3曲づつ順番に回していくのだが、この夜は「皆でやりましょうよ!」とすぐに

セッションとなった。ギターの名手(K井さん)がいるし、サンバがお得意のベース(A井さん)もいる

ので、私は歌う方にまわり、F井さんはボサノヴァの弾き語りなので、まず私が歌い、K井さんのGt

ソロ、F井さんの弾き語り、A井さんのBaソロ、最後に私が歌う、という感じで、ボサノヴァのスタンダ

ード曲を次から次へとコラボした。皆さんとても楽しそうで、大いに盛り上がった。

ここに後から来られたYaご夫婦(元プロのご主人はドラマー、奥さんはピアニスト)が入ったものだ

から、ジャズスタンダード曲も加えてセッション大会となり、楽しいコラボが続いた。F井さんが持参

した譜面で「Chega De Saudade」(想いあふれて)をやった時、途中で進行が解らなくなり、何と

か合わせて終わってみたら、2枚続きの譜面の1枚目がA井さん、2枚目が私に来ていて、「どうも

繋がらないと思った~!」と笑いあう場面もあった。ほとんど譜面なしのセッションだったが、Gtを弾

かずに歌だけに専念できるのは、気持ちがとても楽ちんで、「ヴォーカリスト」の楽しさを大いに味

わった夜となった。ふと気が付くと、もう12時近かった。皆さんに挨拶して退散させてもらった。



Jazz Bird のステージ前に置かれたG・ピアノの上板は、テーブル席となっているので、演奏
を楽しみながら被つきで見られるという特等席、5人のメンバー達の心地よいサウンドが続く。

表参道のJazz Bird という店で、Kemmy(花見至常)さんの主宰するバンド「Kemmy the

Yummy」のライブがあるというので、音友ウッチーと一緒に出掛けてみた。Kemmy さんとウッチ

ーは、同じ早稲田のダンモ研究会出身、内田バンドや大介バンドでも一緒に長く共演している仲な

ので、何かと話が早いのだ。ピアノ席にもダンモOB達数名が来ていて談笑し、さながら同窓会の

趣き。この夜は、ゲスト歌手にエミコさんを迎え、松原政史(Tp)、門脇覚(Gt)、大崎龍治(Pf)、風

早龍也(Ba)、花見至常(Dr)というバンド構成。バンド・オリジナル・ジャズと、ジャズ・ボッサのスタ

ンダード曲の数々を、ご機嫌なサウンドで聞かせてくれた。ベースの風早さんの演奏は、スピード

に乗ったキレが良く、またウッドベースのうなり音も効果的で、確かな演奏テクニックを感じさせて

くれるものだった。休憩時間の間にKemmy さんと挨拶し、我等2人に風早さんを紹介してもらっ

た。ちょっとお話してみたら、5/18日のタカバンドのライブに出演を快諾していただいたので、タカ

バンドに強力なメンバーが加わることになり、バンド音作りが大いに楽しみとなってきた。



団塊エイジ5人のメンバーで活動する『G Flats』(ジーフラッツ)、左より早坂秀雄(Dr)、津田 衛(Gt)
中村 彰(Co)、吉村 満(Ba)、内田裕之(Pf)の面々、ジャズ・スタンダード曲の数々を聞かせてくれた。
女性のジャズ・ヴォーカリスト篠森富江さんも出演。


音友ウッチーの参加するバンドのライブに呼ばれて、藤沢のビーナス(イベント・スペース)に出か

けてみた(3/30)。このバンドの母体は慶応大学のデキシーランド・ジャズバンド、大学時代のメン

バーたちが集まって再び結成し(ウッチーは早稲田ジャズ研だから、早慶合体バンドか?)、年2回

のライブ開催を目指して活動しているとのこと。バンド名の由来も、「皆、おじさんになるにはまだ早

い」(Gジーさん以下)ことで「G Flats」なのだ!(MCの津田さんがそう言って笑いをとっていた)。平

均年齢は67歳、月一回の練習は3時間、その後の飲み会が5時間というのがとても楽しみで、皆

集まるのだそうな。何やらどこかのバンドと似ているではないか!(飲み会の時間では負けるが)。

この夜の演目は、ほとんどジャズのスタンダード曲、間にボサノヴァ曲が少々と言ったところ、時折

入るタイミングを間違えたり、順番を飛ばしたりしながらも和気あいあいと楽しむ姿が、会場一杯に

集まったお客さん(地元中心に30数名・ほとんど同じ世代の方達)の笑いと拍手を誘っていた。

2ステージのライブが終了後ウッチーに紹介されて、5/18日のタカバンド・ライブのPRをさせてもら

いボサノヴァを2曲弾き語りした。「コルコヴァード」と「アントニコ」、日本語詞も併せて歌ったが、皆

さんがじっくり聞いてくれたので、とても気持ち良く歌えた。演奏後、ウッチーが「やはり、タカちゃん

の歌は味がある、よかったよ~」と言ってくれたので、ゲスト出演してよかったな、と思った。ただし、

紹介の中で、「ボサノヴァの伝道師・TAKAです。」と言われたけれど、少々恥ずかしいのでこれか

らは勘弁してね。下は当夜のフォトです(by HI)。


0 件のコメント: