2014年4月9日水曜日

自宅界隈で見つけた、春を彩る様々な花たち①



多摩川沿いの団地の一角で、庭植えの寄花がきれいに咲いていた。黄水仙・紫ヒヤシンス・スミ
レ各種、散り始めた桜の花弁が庭に散り掛かっていた。 All Photo by TAKA



長く厳しい寒さの冬がようやく過ぎて、日中の温度が20度前後になっ

てきた。今年は、関東地区でも2度の大雪があり、朝晩の気温が零下

のこともしばしばだっただけに、春の訪れがとても待ち遠しかっ

た。 桜もようやく咲いてはや散り始めたが、自宅周辺で見つけた春の

花たちをまとめて載せてみた。例によって、画像は全てRicoh CX3で

撮ったものだ。

紫荊(ハナズオウ・上)は、造園業を営むお宅の植木畑で咲いていた

もの、濃い紫紅色の小花は枝に群れるように咲くのが特色、ややくど

いようにも感じるが、春爛漫の感があって如何にもにぎやかだ。快晴

の青空を背景に、花色とのコントラストがきれいだった。

マメ科の落葉低木。







ゴルフ練習場の隣のお宅塀際に咲いていたチューリップ(中)、白・

赤・黄と、色の配列が面白かった。











やはり、多摩川沿いの団地の一角で見つけたフリージア(下)、黄色

い花色は春を一番感じさせてくれる。葉の形が水仙に似ているので、

アサギズイセンの別名もある。アヤメ科の多年草。








 紫木蓮の花(右上)は、開き始めが美しい。天を向いて花開くので、

花の中は見えにくいのだが、散る時は花色が茶褐色に変じ、バラバ

ラと落ちた花弁は、ちょっと痛ましい姿となる。その落差がこの花の特

色だろう。

「木蓮の、花散り敷きたる様の いと凄まじ...」清少納言だったら、

そう書くかもしれない。












山吹の花(中)を見ると、なぜか懐かしい気持ちになる。子供の頃、よ

く遊んだ山道に沢山咲いていたからかもしれない。モンシロチョウやイ

チモンジチョウが、花に留ってよく蜜を吸っていた光景が思い出され

る。葉脈がはっきりと見えるのもこの花の特色だ。


細い枝が山の微風にサヤサヤとよく振れ動くことから「山振り」とされ、

転じて「ヤマブキ」となったと言われる。バラ科の落葉低木。











スノーフレーク(下)の花形はスズランに似ている、葉は水仙に。白花

に付いた緑の斑点がこの花のチャームポイントで、とても愛らしい。思

わず見とれてしまう。白と緑のコンビネーションも清々しい。

ヒガンバナ科の球根草、トンボ池公園の木陰で見つけた。

0 件のコメント: