2015年6月21日日曜日

回転椅子修理・始末記




回転盤が壊れた我が家のラタン(籐)製回転椅子、回転盤の中のプラスチックとベアリングが
経年変化で劣化し、水平に回らなくなってしまった。 All Photo by TAKA


10年位前に、友達が引越しすることになり、使っていたラタンの椅子を2脚譲り受けた。使ってくれればよい、

ということで無料だった。それ以来、PCを置いた机の前と食堂のTV前で使ってきたが、作りがしっかりして

いるうえ、360度座ったまま回れるので重宝していた。譜面台を前に置いてギターを弾く時にもこの椅子を

使っているのだ。ところが、先週の週末にうまく回らなくなり、横から覗いてみると、金具の間からボロボロに

なったプラスチックが飛び出していた。ガタガタするし、水平に回らないので、座り心地がとても悪い! もう

10年も毎日使っているから、金具が劣化したものと思い、思い切って回転盤を取り付けているネジをゆるめて

外してみた。



上下2枚の回転盤は、ベアリングとプラスチック板を円周の溝の中に入れて留め金具でしっかり
締めてある。これで、上の椅子部分と下の足部分が、水平に回るようになっているのだ。


金具(回転盤)を交換すれば、まだまだ十分使えると思い、壊れた金具を持って近所のホーム・センター

(ユニディ)のサービス・カウンターに行ってみた。交換できる金具を扱っていないか、と係員にたずねると、

「メーカーと品番を教えて下さい。」との返事だった。譲り受けたものだし、金具には何も表記がなく、恐らく

輸入品だと思われることを言うと、「それでは調べようもないし、納入メーカーから取り寄せることも出来ない。」

とつれない返事だった。まあ、製品は売るが、どこのものとも分からないパーツなどは扱いようがないか、と

諦めた。

それではと、次に寄ったのはやはり近所で椅子の張替えを専門にしているお店だった。地域サービスで

自転車に乗って廻っているとき、時折通りかかるお店だし、今時珍しい職種の店なので覚えていたのだ。お店

で、椅子の張替えのため中のアンコを取り出す作業していた年配のご主人に金具を見せると、やはり、品番

とメーカーが解らないと探すのは大変だ、という返事だった。ちょっと待ってて、と店の裏の倉庫に行ってから

帰ってきて、「中古の回転椅子があったのだが、処分してしまった。金具だけ取り出して交換できるかと思った

がね...」というわけで、このお店でも駄目だった。

はてさて、どうしたものか? と思案をしたが、とりあえずネットで調べてみよう、と思い、2日程かけていろいろ

調べてみた。『回転椅子用金具』で検索してみると、金具は出てこずに、インテリアショップの回転椅子が

ズラズラ出てくるばかり!どこを調べても同じ結果だった。「これはもう、買い替えた方が早いかなぁ?」という

のが頭を過ぎったが、まあ、代わりの椅子もあるし、急ぐわけでもないからゆっくり調べよう、と検索を続けて

みた。それで行き当ったのが『回転盤』という名前だった。


この『回転盤』で調べてみると、国産の金具が沢山ネット上で売られていた。幾つかのサイトで、回転盤の

サイズ(タテ×ヨコ)・ビス止めの穴の位置とサイズ・上盤と下盤の空きサイズ・締め金具の位置(飛び出して

いないか)などを、商品紹介の展開図を確認しながら調べてみると、ズバリ同じものがないのだ!回転盤が

同じサイズでないと、交換取り付けもうまくいかないし、最悪の場合金具を削ったり、椅子板の部分を削ったり

する羽目になる。これは弱ったなぁ~ と思いながら検索を続けていたら、ラタン家具の修理専門店のHPに

行き当たった。ここに、ラタン回転椅子の回転盤は色々なサイズと種類があるので、要注意の案内があった。

思い切ってその店(山川家具店)に電話してみると、若店主が応対に出てくれ、「壊れた金具を送ってみて

ください。それに合うものがあれば発送しますし、ない場合は返送します。」とのこと。早速宅急便で店宛てに

送ると、翌日に携帯に留守録が入っていて、交換できる金具2本と請求書を送ったので、代金を銀行振り込み

してください、とのことだった。


回転盤を取り換え、また使えるようになった回転椅子。背当てにタオルをプラ・ロック止めし、脚に
ニット・ソックスを履かせて仕上げた。もう5~6年は充分使えそう。


この週末を利用して、壊れた回転盤を取り外し、新しい回転盤を椅子に取り付けた。水平にスムーズに廻る

回転椅子は、なかなか座り心地が良くなった。おかげさまで、この椅子に座る快適な時間を取り戻すことが

出来た。散々探した挙句に、専門店のお世話で部品が交換できたが、色々な教訓を得られた気がする。

<1.>信頼できるお店で商品を購入し、修理やリサイクルも引き続き扱ってもらうのが望ましい。

<2.>安いだけの輸入製品は、結果として銭失いになりがちである。

<3.>ネットでの検索は、的確に検索内容を表す『なまえ』を設定しないと時間がかかる。

<4.>簡単に物を捨てたり、買い変えたりしないで、使えるものは修理して使い続けよう! etc...


私自身としては、壊れた金具を持って店を周ったり、ネットで調べたり、交換に合った金具を探したり、結果

として椅子を処分せずに修理して、また使えるようになったのが嬉しかったし、その過程を楽しむことが出来た

のだから、これ以上のことはなかった。回転盤(1個2,400円也+運賃)のコストも負担が少なかったことを付け

加えておきます。

興味ある方のために、以下が山川家具店のHP。

http://www.yamakawa-kagu.com/repair.html


0 件のコメント: