2016年10月17日月曜日

最近の歌会から




新宿のカラオケハウスで音合わせする『タカ and ダブル・エイチ(TAKA and WH)』のトリオメンバー、右よりタカ・
原ちゃん(1H)・hirokoさん(2H)、午後の明るい陽ざしの中で高層ビル街がガラス越しに見られる心地よい時間だ。
All Photo by TAKA


この夏は、運転免許再取得のために多くの時間を取られたため(このブログにも7回の連載をアップしたが)、歌会の記事

はほとんど載せられなかった。ギターやウクレレを弾き語りしたり、好みの歌の譜面を作ったり、ともに音楽を演れる
 
メンバー達と集ったりすることは、日々楽しみとなっているが、少しさかのぼって最近の歌会についてちょっと触れて
 
みたい。
 
『タカ and ダブル・エイチ』は、原ちゃんのマンドリン・ソロとhirokoさんのピアニカ・ソロ、それに私のギター伴奏
 
と歌を組み合わせたユニットで、基本的にはトリオなのだが、ゲストメンバー(ピアノとかの他楽器)が入る時は、『タカ
 
andダブルエイチプラス』となる。まことにゆるい編成トリオだが、要するにメンバー同士でどうにでもなるという
 
ユニットなのだ。月に1回程度の音合わせをしているが、これがなかなか楽しい。新宿のカラオケハウスに週末の午後
 
集うのだが、窓越しに外の高層ビルの景色が見える部屋を予約するので、明るくてまことに気持ちが良いのだ。最近は、
 
夜遅くのライブハウスで、酒とたばこの匂いに塗れるのは何だか不健康で疲れるので気が乗らなくなっている。


課題曲の編曲は私が担当しているが、譜面ソフト(プリント・ミュージック)を駆使してパート譜を作るので、それぞれ
 
が弾きやすい譜面を用意する。パート譜も4枚続き(A4)ともなると譜面台一杯に拡がるので、これがちと難点ではあるが。
 
トリオのレパートリーは、『第三の男』(映画『第三の男のテーマ曲』・恵比寿ビールのコマソンでもよく知られている)、
 
『ムーン・リバー』(これも、オードリー・ヘプバーン主演の映画『ティファニーで朝食を』のテーマ曲)、『スカボロー
 
・フェア』(サイモンとガーファンクルのヒット曲、古いイギリス民謡の詠唱版)、『黒いオルフェ』(これも映画の主題歌
 
でボサノヴァの名曲)等々。ふたりのHさんはコーラスも得意なので、私のオリジナル曲『ブラッドムーン』も歌とコー
 
ラスでレパートリーに加えている。
 
インストの場合は、原ちゃんのマンドリン・ソロにhirokoさんのピアニカ・オブリガードを重ねて伴奏を私がするのだが、
 
歌バージョンの時は、私のギター弾き語りにマンドリンとピアニカが加わる。何回か音合わせを重ねて来たら、段々ハー
 
モニーが出来上がってきた。まず、自分のパートをしっかり弾けるようになると、伴奏や相手の音と歌も聞こえるように
 
なり、全体の音がまとまってくる。これがとても気持ち良いのだ。音楽を一緒にやる醍醐味といえるだろう。その内3人
 
で、他の歌会や集いに参加して、私達のレパートリーを披露しようと目論んでいる。原ちゃんはクラシックの合唱団を
 
しながら、マンドリンも2年ほど前から復活演奏し、老人ホームへの慰問演奏もしているというし、hirokoさんは絵画
 
グループで絵を描きながら定期的に作品展に出品しながら、最近ピアニカを演奏始めた。だから、高校同期生同志の元気な
 
面々が3人で演奏するときは、『We are 古稀~ず(Kokeis)!』と言ってトリオの紹介をしてから始めよう、と思っている
 
(アハハ!)。




久し振りにサイトウさん(Trampet)と音合わせした。ジャズのスタンダードナンバーを歌ったり・演奏したり、
とても楽しかった。(画像は他の歌会のもの)


この所、椿珈琲店でのどようかいは、某バンドのリハやらなんやらで、ゆったりと歌いたい歌を唄ったり、他の方の好みの

歌を伴奏して一緒に楽しむ雰囲気がなくなってしまったので、しばらくお休みしていた。サイトウさんから連絡があった
 
ので、久し振りに店を訪れてみた。演った曲は、『I Remebar Cliffrd 』(アート・ブレイキーの演奏などでお馴染みの
 
バラード)、『Caravan』(デューク・エリントンの名曲)、『いそしぎ(The Shadow of Your Smile)』などなど。私の
 
伴奏に合わせてのトランペット・ソロとGt弾き語りを一緒に楽しんだ。当日来ていたキリさんは、『涙をふいて』(三好
 
鉄生)や『別れの予感』(テレサ・テン)などを弾き語り、マリさんは『Sweet Memories』(松田聖子)や『異邦人』(久保田
 
早紀)などを歌ってくれた。ハジメちゃんは『Mary Jane』(つのだひろ)を歌い、私へのリクエストで『あなたの側で』
 
(通称゛あなそば゛TAKAオリジナル)と『黄昏のビギン』(ちあきなおみ)を一緒に歌った。私からのリクエストでタカコさん
 
は『舟唄』(八代亜紀)や『ラストダンスはわたしに』(越路吹雪)を歌い、店主茂子さんも『Crying Time』(レイ・チャー
 
ルズ)を力強く歌った。私も、『喝采』(ちあきなおみ)や『黄昏マイラブ』(大橋純子)などを弾き語りした。私が作ったコード
 
入りの曲集が3冊あり、人数分を茂子さんがコピー作成して店置きにしているので、気軽に選曲して楽しめるのがいい。



『昭和枯れすすき』をデュエットするヤタマリさん(左)とタッキー(右)、本邦初公開にして2度とないツーショット?!
8月の歌会から。



「つばき・リハビリ楽団」の面々(タカコさん・Hm、イズミちゃん・Gt/Vo、ハジメちゃん・Uk、マリさん・Pf)は、
『Stand by Me』(Ben E. King)を合奏。こういう皆が知っている曲は乗りがいいです! 8月の歌会から。



ほろ酔い加減でGt伴奏するTAKA、リラックスしてできる歌会は楽しい。Photo by Yatmari


この夜は、皆さんで次から次へと歌が飛び出し、一緒に演奏したり歌ったり、デュエットしたりリクエストしたりでおおいに

くつろげた時間だった。7時頃から初めて気がつけば11時を周っていた。こんなに遅くまでいることはめったにないのだが、

やはり歌会は、雑音なしで静かにゆったりと皆で一緒に楽しめるのが一番いい。久し振りのくつろぎタイムだった。


0 件のコメント: