2008年7月25日金曜日

高橋真梨子コンサート


東京国際フォーラムで開催された高橋真梨子のデビュー35周年記念・コンサートに行って来た。ニューアルバム「Swing Heart」が中心の全国ツァー最終日とあって、会場は多くのファンで埋め尽くされていた。
今回のチケットは、一度自分でネット予約したものの、店頭購入期限を過ぎてしまい入手できずにあきらめていたのだか゛、音友MKさんのまた友だちに高橋真梨子大ファンがいて、その人の仲間で行けなくなった人のものが廻りまわって私の手元に来たものだった。ラッキー!! 持つべき者は友達ですね。
「ジョニーへの伝言」(阿久悠/都倉俊一)で、ペドロ&カプリシャスのボーカリストとしてデビュー以来、35年間歌い続けて今なお多くのファンを魅了し続けているのはやはりすごいと思う。ペドロの時代にメンバーで楽器(フルートやサックス)を吹いていたヘンリー広瀬が、今はパートナーであり、またバンドマスターとして音作りしていることは、彼女にとっても心強いだろうし、信頼できるメンバーをバックに歌えることは歌手として大変幸せなことだと思う。その当たり、やはり35周年を超えたさだまさしによく似ている。
見目麗しき女性画像初登場・コンサートのリーフレットより
高橋真梨子の魅力は、何と言ってもその艶やかな歌声にある。キーは女性にしては低いけれども、声の伸び、トーンのやわらかさ・力強さは、59才の今もまったく衰えはなく、むしろ表現の多彩さがプラスしてますます磨きがかかっているようだ。特に私が魅かれるのは、歌の中身が゛おんな゛でなければ決して歌えない皮膚感覚、というか、男ではとても思い至らない言葉世界があって、それがいいんですねぇ~!「蜃気楼」とか、「はがゆい唇」とか、「桃色吐息」などは、ちょっとゾクゾクしますね。
アレンジも、ゆったりとしたバラードから、リズムカルなラテン、軽快なジャズ、パンチの効いたロックまで多彩な大人の味付けが心地良いし、ックを支えるHENRY BANDのメンバーも、ほとんど変わっていない。Gt:藤江晴稔、Ba:岡田治郎、Per:北沢マロ、Dr:山下政人、Woodwind(Sax & Cla):野々田万照、Key & B.G.Vocal:小松崎淳、コンサートマスター/Key & B.G.Vocal:宮原啓太、プロデューサー/Woodwind & Guitar & B.G.Vocal:ヘンリー広瀬。毎回、このバンドメンバーがバケツとか、工事現場のパイプとか色々集めて即興のパーフォマンス披露するのだが、これがまた可笑しいやら楽しいやら...
この夜も、デビュー当時の懐かしい歌メドレー(ジョニーへの伝言、五番街のマリーへ、ハート&ハード)や、アルバム『Swing Heart』から(オレンジ、not so bad)、毎回挿入するカバー曲(星の流れに)、そしてアンコールが6曲(for you、ごめんね、など)、そして、おしまいは総立ち手拍子でいつもの「グランパ」でフィナーレ。2時間40分・25曲の大満足のコンサートだった。

0 件のコメント: