2008年10月30日木曜日

HEART ON HEART・歌詞


                         HEART ON HEART
                                       作詞:カルロス美希 / 作曲:TAKA   ① 朝のかがやくひかり 木々のやさしいみどり
     美しきもの すべて瞳に映して
     胸のときめき熱く 懐かしい想いあふれ
     永久に続け 夢よ逃げないで

     あぁ あのひとに会える  あぁ 風が呼んでいるよ
     触れて溶けた ふたつのいのち HEART ON HEART
     うす紅色 桜花の 散って は ら り

     あぁ あの人に会える  あぁ 風が呼んでいるよ
     触れて溶けた ふたつのいのち HEART ON HEART
     紅く滲む 酔芙蓉の 揺れて ゆ ら り

   ② 街のたそがれ淡く 通り過ぎゆくひとの
     影が薄れ やがて消えてゆくよ
     今日も悲しみ抱いて ひとりさ迷う小道
     失くした夢 帰ってきておくれ

     あぁ あのひとはいない  あぁ 月が陰ってゆく
     時が巡り 再び会えたら HEART ON HEART     むらさき色 桔梗花の たたずむ ひと り

     あぁ あのひとはいない  あぁ 月が陰ってゆく
     時が巡り 再び会えたら HEART ON HEART     白い花びら 寒牡丹の 落ちて ぱさ り

     あぁ あなたへの想い  あぁ 風よ運んでおくれ
     時が巡り 再び会えたら HEART ON HEART     ひかり和らか 水仙花の  匂って そ よ り

     ひかり和らか 水仙花の  匂って そよ り


    □□□触れ合い求め合いながら、出会いそして別れゆく人と人...    □□□その悦びと哀しみを、季節の花たちの姿に重ねながら詠った BOSSA BALADAです。                                

                                                07/11/29 by TAKA


江古田のライブハウスBUDDYで、中村門下生が集まりBOSSA NOVA曲を披露する恒例の発表会が開かれた(10/26)。会場は出演者やリスナーで埋まり、広いホールが70名ほどの人で一杯となる賑やかぶりだった。ステージでは、出演者20数名の熱気溢れる歌と演奏が続き、ボサノヴァ好きがこんなに居るんだなぁ、という感慨とともに皆さんの曲を聞いて楽しんだ。
かく言う私も2曲の弾き語りを披露した。ボサノヴァの小作品「Vivo Sonhando」とオリジナル曲の「Heart on Heart」だった。この曲は、゛Bossa Balada゛というシリーズで、私が初めて作った曲であり、詩はカルロス美希氏による。稚拙な歌ではあるけれども、副題に゛想い重ねて゛、あるいは゛落ちて、ばさり゛と付けられた想い入れの強い作品なのだ。
 
曲のメロディは、まず♪落ちて、ばさりーmi re mi re do~ra♪が浮かんだ。そこから、フーガのような追っかけメロディと、さびの♪あぁ~あの人に会えるーfa~ fa so ra so fa mi re mi~♪につながっていった。カルロス美希の詩も、やや古典的な言葉づかいの中に季節の花々が詠みこんであり、私は気に入っている。コード進行は自分で試みたが、もちろん、ボサノヴァの曲調とリズムを目指している。
この日、私の弾き語りはとても出来が良いとは言えなかったが、こころを込めて歌った。演奏を終えて席に戻るときに一人の男性が声をかけてくれた・・・「良かったよ、胸にジンと来たよ!」と。後日、この方からメールをいただいた。゛むーさん゛ことKN氏はメールの中で「歌詞がなんか胸に響きました」と書いてくれた。ほんのひと言だけれども、歌に込めた私の想いが人の琴線に触れるが出来たのは望外の悦びであった。
ボサノヴァの世界をこれからも探求しながら、私なりの゛美しい言葉と美しいメロディ、ちょっと複雑なコード進行゛をテーマに、オリジナル曲を作り続けていこうと思っている。現在、3作目の「One Side Love(片想い)」を作曲中で、詩はすでにカルロス美希からもらっている。いずれ皆さんの前で歌う機会があると思う。お楽しみに!

0 件のコメント: