2009年4月5日日曜日

桜花咲く午後は、ゆっくりとお茶を飲んで


今村屋謹製の抹茶羊羹に茎茶の組み合わせ、くつろげるひと時 All Photo by TAKA
ここ1ヶ月ほど、3回のライブ出演とリハーサルで休日がほとんどつぶれてしまい、好きな料理やお茶に時間をゆったりと取れなかったが、今日は何もない日曜日、久々に家でゆっくりと過ごす。私はコーヒーも時折喫するが、やはり日本茶が大好きで食事の後も必ずお茶を飲むことにしている。中でも茎茶が好みで、高い玉露や抹茶と違い値段も手ごろなので日常の供としている。沸かしたお湯を湯冷まし3分、お茶にお湯を注いで3分、これが美味しいお茶の入れ方。濃い目の緑色と茎茶の渋みに加えたほのかな甘味が内臓と気持ちをやわらげてくれる。仕事柄、じい様ばあ様にお茶を入れてあげることも多いが、私の入れるお茶はなかなか美味しいと言っていただいている。急がずに、お湯を90℃位まで下げお湯を注いでからゆっくり寝かすとお茶の旨みが抽出される。
近くのつつじヶ丘駅前にある今木屋さんは、老夫婦二人と息子が和菓子店を営んでいて、すぐ側の食品スーパー・オオゼキで買い物をするときに寄ることが多い。串団子やおはぎ、柏餅に酒饅頭など、自家製の和菓子を売っているが、中でも自家製抹茶羊羹とカステラは美味しい。ちょっと変わったところでは、豆乳で造った゛豆腐ケーキ゛(オリジナル)もあって、胡麻・梅しそ・イチゴミルクの三味が揃い、これもなかなか美味しいのだ。総じて柔らかな甘味が特徴で私好みであるのだよ! 最近、息子に嫁が来て家族で和菓子作りに精を出している。こういう店は、なにか応援したくなるものだ。
わが部屋の玄関を開けると、桜の古木は満開の花盛り、ベランダの窓からも桜が見られる。
ほんとにいい季節!
茎茶は年間を通して楽しんでいるが、夏場の冷やしたそば茶も美味しい。食品店に良く出回っている゛韃靼そば茶゛は、お茶の黄色味と味わいが濃いのだが、国産のそば茶は香りも香ばしく甘味が柔らかで良い。信州戸隠に行くと必ずお土産に買うことにしている。
最近、美味しい紅茶を見つけた。なんと国産の紅茶だ。インドやセイロン、英国製ではなく、静岡県藤枝市の゛水車むらの紅茶゛。お茶の赤味と味わいが濃い目でしっかりとしている。無農薬・無化学肥料というのも良い。今村屋の自家製カステラと供にいただくと言うことなし。ほんとに美味しい。
ということで、今日は二度もお茶してしまった!!
冬の季節は、外から帰ったら必ず石鹸で手を洗い、三年棒番茶で作ったお茶に塩を加えた゛うがい茶゛で喉をうがいすることにしている。これで、風邪や喉の痛みを大方予防できる。ここしばらくは、棒番茶の登場はお休みとなる。

0 件のコメント: