2013年3月25日月曜日

今年のお花見は、自宅の近場で。



自宅の玄関ドアを開けると、前には満開の桜 ! ! ! 花付きもよく今が盛り。
All Photo by TAKA
ここ10年ほど、毎年春になると、今年はどこのどんな桜を訪ねに行こうかと随分心を悩ましてきた。桜の開花予想を聞きながら、天気の移り変わりに一喜一憂し、寒さ暖かさも気にしながら出かけるのだが、咲き誇る満開の桜に出会えたときは、とても嬉しいものだ。日本人に生まれてきてよかったとつくづく思う。
人気のソメイヨシノ(桜といえば、ほとんどがこの種類)だけでなく、早咲きの寒桜や河津桜、風情ある枝垂れ桜や数百年~千年以上の古木などの名所を訪ねて、関東各地や東北・甲信越・中部地区まで足を伸ばして、色々な桜を見てきた。まあ、結構゛サクラ狂い゛していたかも。
ところが、ここ2~3年は、自宅の団地にあるサクラが素晴らしいので、もっぱらこれで満足している。樹齢70年ほどの古木が30数本あり、南北・東西に伸びるメイン・ストリートは、桜トンネルができるので、とてもきれいだ。この時期は、自治会主催の゛サクラ祭り゛も開かれて、近隣から多くの人が見物に来る。特に自宅の前庭には、5本の古木があって、毎年素晴らしい花を見せてくれる。

上のフォトと全く同じ位置から撮った夜の桜、これまた幻想的でちょっと艶かしい。
健康おたくのYKさんが、桜を見がてら遊びに来る、というので、花見弁当を作った。桜フリークしていた頃は、良く自分でお弁当を作り、デジカメを持って花巡りに出かけていたのだが、久し振りに弁当を作るというのも楽しい。でも、何のことはない、ネギ入り卵を焼いて、黒米入りのご飯を炊いておにぎりをつくり、常備菜の切り干し大根煮の残りとお野菜(ミニトマトとアスパラ)を入れただけ。ちょうど今木屋さんの桜餅を買ってあったので、それもおまけに入れた。後、冷やした日本酒をペットボトルに入れて、保冷ケースで持っていった。
自宅周辺の桜を見ながら、近くを流れる野川まで散歩した。野川の両岸に続く遊歩道にも、桜が沢山咲いていて、近隣の桜名所となっている。川の水辺に向かって、垂れ下がるように咲く桜の花はとても風情があり、素晴らしくいい眺めだった。
冷酒をいただきながら見る桜もなかなかいいものだ。上野公園や千鳥が淵のような混雑は一切なく、犬のお散歩やジョギングする人たちを眺めながら、のどかな桜見物を楽しんだ。 





今年の桜は例年になく開花が早まってしまい、なにやら気ぜわしい気持ちにさせられたが、一年に一度、この時期に桜を見ることが出来るのはとても心が躍る。華やぎの週末だった。
薄紫の花韮(ハナニラ)も、きれいに咲いていた。


0 件のコメント: