2013年11月24日日曜日

六本木・ミッドタウンの「スターライト・ガーデン2013」と電子音楽



「スターライト・ガーデン2013」は、ミッドタウンの広大な庭園の芝生に展開されるX'masのイリュミネーション、電子音楽に乗ってプログラミングされた立体的な光と音の饗宴が素晴らしかった。夜空に浮かぶ下弦の月も輝いていた。
All Photo by TAKA
クリスマスシーズンを彩るイリュミネーション・スポットが各地で話題になっているが、LEDライトの普及による多様な光表現と、空間をデザインする光アートを見られるのは、初冬の楽しみだ。昨年は、立川の昭和記念公園に行ってみたが、予想以上にきれいで迫力があったのには驚かされた。
今年は、光のプロデューサー石井幹子氏がデザインした読売ランドの「ジェルミネーション」(ジュエリーとイリュミネーションを融合させたイメージ・タイトル)を見に行く予定だが、今回都心に出たついでに、前から見たいと思っていたミッドタウンのガーデンに寄ってみた。


ライトアップされた東京タワーを背景にした「スターライト・ガーデン」、後方の赤・黄色タワーと青色の前庭がコントラストして、とても幻想的だった。

ミッドタウンの案内では、『約2,000㎡の庭に28万個のLEDライトを使い、今年のテーマ・宇宙の広がりを、「クロスオーバーイルミネーション」により、360度全方位で輝く光のアーチを作りだし、立体交差するイルミネーションで表現。ダイナミックな天体の動きを、高さ、交差、連続性のある光で強弱と緩急をつけて演出します。』とのこと。確かに、電子音楽のメロディーに呼応した光の動きは、立体的でスピード感のあるものだった。多くのイリュミネーションは平面的で、点滅こそすれ、立体的に動きがある演出は少ない。電子音楽のタイトルと作曲者、そして空間デザイナーの名前が広報には無いので作者はわからないが、光の動きが素晴らしかったのでとても印象に残った。
 協賛しているエミレーツ航空は、アラブ首長国連邦の首都ドバイに本拠地を起き、近年多数の航空機保有と世界各地に就航都市を広げている航空会社だ。「Emirates」のライト・ボックスと、プログラム(1回約3分)の最後に、赤色で光り輝く「Fly Emirates」のタイトル文字の意味がわからなかったのだが、後で案内を見て理解できた。
しかし、このイリュミネーションの作成予算も相当高額だと予想するが、流石にオイルマネーは太っ腹だね。私自身はエミレーツ航空に乗ったことは無いけれども。
エミレーツ社のマークを表示したライト・ボックス(左)と、「Fly Emirates」のイリュミネーション文字(下)
















 

ガーデンは、イリュミネーション・スポットの周りにある遊歩道を巡って、ぐるりと360度回ることが出来るので、見る場所によってライトのレイアウトが違うし、風景も違って見えるように演出されている。これは楽しかった。また、ガーデンに繫がる2階の回廊からも見下ろすことが出来るので、多様な角度から楽しめるのが良い。ビルの中のレストランからの景色もまた見ごたえがあると思う。初冬の冷たい空気の中だったが、見物客は結構多かった。でも、人気スポットなので12月に入ったら、もっと混雑するだろうと予想された。




さて、光り輝く青のイリュミネーションを見ながら、私は電子音楽に聴き入っていた。そのテーマ曲の作曲者は不明だが、20代の終わりに熱中した、フランスの電子音楽家「ジャン・ミシェル・ジャール(Jean Michel Jarre)」のことを思い出していたのだ。彼は、映画「アラビアのロレンス」のテーマ曲を作曲したモーリス・ジャールの息子で、『Oxygene(酸素)1976』(日本版タイトル『幻想宇宙』)や『Equinoxe(昼夜平分時)1978』(春分や秋分の昼夜の長さが同じ時)などの大ヒットアルバムを持つ作曲家だ。宇宙の広がりや、地球創生期の生命誕生や、混沌から熟成への長大な時間などを感じさせてくれる、とてもユニークな曲が多い。

中でも好きだったのは、『Equinoxe』のPart.5、家に帰ってから久し振りにYouTubeでその曲を聞いてみた。彼の曲は、電子音楽特有の゛テクノ臭゛はなく、むしろ繊細で感情豊かだ。POPS的ですらある。軽快なリズムと流れるメロディに満ちているのだ。

ジャン・ミシェル・ジャールのアルバム『Equinoxe』のカバー・デザイン、双眼鏡を覗く人のパターンデザインが不思議な印象を与える。



コンサート5分前に撮影された彼と電子楽器の映像、数多くの電子楽器から、彼の多彩で宇宙的なサウンドが生み出される貴重なワンショット。共にYouTubeから。

沢山の青い光と音楽の饗宴を楽しめた「スターライト・ガーデン2013」は、私に懐かしい作曲家を思い出させてくれた初冬の夜だった。興味ある方は、YouTubeで、J.M.ジャールの曲を聴いてみてね。
https://www.youtube.com/watch?v=IXw113Y3gPE


<追記>ミッドタウンに問い合わせてみたところ、今年のテーマに合わせた電子音楽は、オリジナル曲で、曲名は付いていないとのこと。従って作曲者も解からなかった。

0 件のコメント: