2013年11月11日月曜日

第5回 ザ・タペストリー ライブのお知らせ


第5回
THE TAPESTRY LIVE
1964年 東京オリンピックの時、高校3年生だった。
2013年 音楽で甦る青春!
2020年 東京オリンピックの年にはオリジナル曲で勝負!!

開催日:20131130 開場12:30 開演13:00 閉場16:00
会 場:東京都新宿区新宿2-8-1セブンビル2F レストランパペラ
Tel03-3350-0208 東京メトロ丸の内線・新宿御苑駅1番出口前 http://currypapera.moo.jp/
会 費:4,000 本格インド料理バイキング・フリードリンク
主 催:ザ・タペストリー 後援:金四会
予 約:武内克己Tel090-6043-8150メールqq5g6mgq9@miracle.ocn.ne.jpまで 

ザ・タペストリー:バンドのプロフィール
2010年秋、長野高校1964年度卒業生6名でバンド結成。卒業後の各メンバー得意音楽ジャンルは、ジャズ・ボサノヴァ・ハワイアン・R&B・カントリー・フォーク・J-Popと様々だけれど、「みんなの持ち味を織り込んだタペストリーのような音楽を一緒にやりたいね」と月1回以上の合同練習と年2回の人前ライブを続けて、石の上にも3年経ちました。その間、バンド活動を伝え聞いた同期の仲間が次々と参加、総勢13名(女性3名、男性10名、平均年齢67才)の陣容で、「目指せ!2020東京オリンピックの年に大勝負!」を合言葉に精進を重ねております。

今回のライブ内容
第1部は、スタンダード・ナンバーを中心に、お馴染みの曲を披露
第2部は、AYAとゲストメンバーの魅力と個性をめいっぱいに発揮。飛び入り大歓迎!
第3部は、オリジナル曲や力作曲で、タペストリーの新しいチャレンジをお聴かせします

<ザ・タペストリー:メンバーのプロフィール&コードネーム


<左より>ヨッシー(Bj)、マッキー(As)、TAKAGt)、QP村山(Dr)、AYABa
4回ライブ(2103/6/1:音楽酒場ピック)より Photo by Kouzu & TAKA

マッキー(高久正明/3年1組) 金鵄祭で「闘牛士のマンボ」をサックスで熱演、全校のアイドルとなった。大学、社会人とサックス修行を継続、タペストリーのコンサートマスターとして、50年の歳月を込めた「闘牛士のマンボ」を今宵もブローする。
QP村山村山浩司/3年1組) タペストリー以外でもバンマスを務めるバンドは、中高年で毎回満員の人気バンド。横浜で隔月定期ライブを開催中。当バンドではTAKAとのコンビでオリジナル曲を制作、今回3曲目「叶わぬ恋」が完成。乞うご期待。
AYA松藤旧姓柳沢章子/25組から転出。米国でも絶賛されたハワイアンのスチールギターは定評のあるところ。しかしタペストリーでは、エレキベースでサウンドをサポート。バンドの音楽面での的確なアドバイスに信頼が高い。
ヨッシー(山口義憲)/3年5組 学生時代からバンジョーを弾いて、古いジャズにどっぷり浸かっていたが、ハワイアンをバンジョーで弾くのがこんなに楽しいとは知りませんでした。練習後の呑み会が、練習時間とほぼ同じ長さになるのもすごく楽しい。
  ■TAKA(高地智)/3年9組 タペストリーのバンドマスター。プロ級のボサノヴァ・ギターとボーカルにはファンも多い。最   近、外国曲を自分で訳詩し、日本語で歌うという試みに、今注目が集まり始めている。

シロ―(宮沢四朗)/3年1組 高校時代はブラスバンドの指揮者で、後姿しか記憶になかった。タペストリーでは、フルートを客席に向かって吹いている姿と、豊かなホワイトヘアーでビジュアル的にも好評。
トオルちゃん(井原徹)/3年1組 学生時代はフォークソング・トリオで歌っていた。卒業後はカラオケ専門。タペストリーのボーカルとして、フォーク、河嶋英五、小椋佳など青春の歌を50年のキャリアで歌う。
原ちゃん白井(旧姓原)憲子/3年3組 ボーカルとコーラスを担当。“愛の讃歌”を日本語とフランス語で歌った。五人の孫たちと童謡を歌いすぎてハスキーボイスに。クラシックの合唱団のメンバーでもある。
hiroko栢木(旧姓柳田)宏子/3年4組 「筋トレで、10年前の洋服が着られるようになり、ステージ衣装の幅が広がりうれしい バンドに参加してよかった」ボーカル、コーラス、サンバ・ホイッスルを担当。
タケちゃん(武内克己)/3年2組 金四会の世話役にしてハモニカの名手。師について演奏を学びながら定期的にコンサートに出演。タペストリーでは、独自の境地のソロ演奏をタップリと聴かせる。
まっちゃん(松本正重)/3年7組  高校・大学と男声合唱団で活躍し、卒業後も3つの合唱団でハーモニーを楽しんでいる。今年1月、ウィーンで開催された“ヴェルディ・コンサート合唱団”に参加した。
タカオちゃん (松木孝夫/3年3組 長野高校ブラバン班長として活躍。当時の楽器は小バスで低音担当。リタイヤを機に「娘のお下がりのトランペットを手にし、カラオケボックスで猛(?)練習。期待と不安の練習 の日々は、あの青春時代の想いと似ているような気持です」
ナッケン(中澤憲二/3年2組) タペストリーに参加のため50年ぶりのトランペットに再挑戦。11月30日は『甦るか? ! 往時の青春』をテーマに、努力・研鑽・修練の成果が発揮される予定。高校ブラバン時代の愛称、昔の名前“ナッケン”をコードネームに新たなデビュー!


<フォト上より>シロー(Fl)、トオルちゃん(Vo
<フォト下 左より>hiroko & 原ちゃん(Cho)、タカオちゃんTr & ナッケンTr)、タケちゃん(Hm


満3年を迎える我等がバンドのライブです。今回は、とても賑やかなライブになりそうです。
ご予約は、武内克己、またはTAKA(Email:jovialtaka@ace.ocn.ne.jp)まで。
皆様の来場をお待ちしております。

0 件のコメント: