2008年5月1日木曜日

江戸五色不動巡り・その①

                     南谷寺の目赤不動尊 Photo by TAKA

私の時代小説好きは、司馬遼太郎に始まり、池波正太郎、藤沢周平、佐伯泰英と繋がっている。他に何人かの作家もいるが、好きになった作家のものはほとんど読み尽くしたうえ、二度三度と読み返すといういうものだ。さすがに三度読み返すとしばらくはその作家から離れたくなる。


中でも、江戸の町を舞台とした剣術小説、主人公秋山小兵衛の「剣客商売」、鬼平の「鬼平犯科帳」、青江又八郎の「用心棒日月抄」、坂崎磐音の「居眠り磐音江戸草子」などはとても好きなシリーズで、本人の剣捌きもさることながら、江戸市中の古地図を思い描きながら、情景をたどって行くが楽しい。
本所・深川下町のたたずまいや、江戸城近辺の武家屋敷、浅草寺や神田明神などの寺社に交じり、しばしば目黒のお不動さんも登場してくる。


あるTVの旅番組で、江戸の街を守るために、目黒・目白・目赤・目青・目黄の五不動が置かれ、将軍家と武士・庶民の信仰を集めたことを知った。
 

なに~ぃ!!なんかの語呂合わせか~! これは一度、我と我が目で見ないことには!

と言うわけで、連休の一日、早速探訪に出かけた。こちとら、思い至ったら早いからね。
目青不動尊 教学院の静かな佇まい / 泰叡山瀧泉寺 目黒不動尊 / 目黒不動の石楠花 Photo by TAKA

□□□□□□□□□□□
五色不動の由来にはいくつかの説がある。
①三代将軍家光が、天下泰平を願い、江戸の守りの場所に設置した。
  陰陽説:四神と五色の組み合わせで出来ている。
   東・青・青龍、 南・朱・朱雀、 西・白・白虎、 北・黒・玄武、 中央・黄・皇帝 
   (この場合、五色の位置が一致しないが...)
  密教説:この世を成立させる五色による。
   地(黄)、 水(黒)、 火(赤)、 風(白)、 空(青)
②江戸五街道の出入り口を守るために設置した。
  東海道(目黒不動)、中仙道(目赤不動)、川越街道(目白不動)、甲州街道(目青不動)、日光街道   
  (目黄不動・永久寺)、水戸街道(目黄不動・最勝寺)
③不動さんの目の色が五色である。
  この説は誤りで、目の色ではなく、身体の色だと言う説もある。

ふむ~!謎が謎を呼ぶようでなんか怪し~い。この当たり詳しく知りたい人は次のHPを見てね。



3 件のコメント:

Té la mà Maria - Reus さんのコメント...

very good blog, congratulations
regard from Catalonia Spain
thank you

ジョビアウ・タカ さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
ジョビアウ・タカ さんのコメント...

Thank you for your visiting to my biog.I also looked in your blog and feel beautiful in your photos and interesting in your music movies.