2016年3月29日火曜日

久し振りのOBT会は、大盛り上がりだった!



OBT会に集まった面々、遅くにリカさんも合流して9人の歌会は、夕方5時から始まって深夜まで続いた。左より、
NOさん(Gt)・OBTさん・サイトウさん(Tr)・TAKA(Gt)・MIさん(Pf)・ウッチー(Pf/Gt)・イズミちゃん(Gt)・茂子さん。
 Photo by No and KM


週末の土曜日(3/26)に、狛江駅近くのOBTさん宅に集まり歌会をした。しばらくぶりの集まりだったが、恒例の椿珈琲店での

どようかいがお休み(マスター逝去のため)していることもあり、行き場を失くした音楽フリークたちがどっと繰り出してきたため、

さしもの広いリビングも満杯となった。OBTさんは、薬品関係のお仕事を続けておられるのだが、生来の音楽好きが高じて

ピアノを購入し、部屋には高性能の音響装置を配し、リビング全体を防音工事してしまった、というおタク振り。時々音樂好き

達に声をかけ、食べ物・飲み物付きの歌会を主催しておられるのだ。常連さんの集まりに私も時折入れていただくが、今回は

どようかいのメンバー4人がまとめて加わり、OBTさんのいとこのMIさん(Pfがお上手)が来るわ、常連のNOさん(プロカメラ

マン)が本格的なDVD機材を持ち込むわ、お店を休んでいる茂子さんまで加わったので、とても賑やかな歌会となった。



後半に合流したリカさんは、ウッチー・サイトウ・TAKAのセッションに加わり、『All of Me』を熱唱 !


会は夕刻5時からゆるゆると始まり、OBTさんが用意してくれた惣菜(ブルーチーズ・サーモンのマリネ・蒸しシュウマイ・

マカロニサラダ等)とお酒(ビール・ワイン・ウィスキー等)をいただきながら、各自のレパートリー曲を歌い演奏した。セッション

スタイルで、ジャズ・ナンバーも一緒にやってみた。当日私は、手製のコード入り歌集(2冊各50曲収録)を2セット持参した。

これを見ながら好みの曲を歌ってもらい、それぞれ伴奏や間奏を入れながら一曲を楽しむスタイルだった。ミュージカルの

舞台げいこを終えて駆けつけたサイトウさんも途中から加わり、9時過ぎて合流したリカさん(ジャズ・ヴォーカリスト)も入って

大いに歌いまくったのだった。当日の歌い・演奏した曲は以下の通り。(誰が歌ったかうろ覚え!?)

サイトウさん:『I remember Clifford』・『Misty』・『Fly Me To The Moon』・『倖せはここに』・『哀愁の街に霧が降る』

TAKA:『All of Me』・『Moon River』・『酒とバラの日々』・『Antonico』・『あの日に帰りたい』・『コーヒールンバ』・

『あずさ2号』・『モンローウォーク』 イズミちゃん:『ケ・サラ』・『Autumn Leaves』(唄)・『プカ・プカ・プカ』

MIさん:『Autumn Leaves』・『アントニオの歌』・『Sweet Memories』・『五番街のマリー』・『クレオパトラの涙』

ウッチー:『スローなブギにしてくれ』・『グッナイト・ベイビー』・『雪が降る』・『リバーサイド・ホテル』・『黄昏のビギン』
 
・『別れのサンバ』   茂子さん:『京都から博多まで』・『遠くへ行きたい』 NOさん:『サーカスの歌』・『哀愁列車』...

いやはや、良く唄ったもんだ! (唄のないインスト曲もあり)



サイトウさん(Tr)とNOさん(Gt)のコラボ、懐かしの歌謡曲『サーカスの歌』を合奏。


歌ったりGtを弾いたりすることは結構エネルギーを使うので、熱くて汗をかく位だった(人が集まり過ぎて熱気が出たから?)。

概ねDVD撮影を終えたNOさんも終盤から加わり、サイトウさんと二人で意気投合し、三橋美智也や春日八郎の歌も飛び

出し、宴は夜半まで続いた。10時過ぎにウッチーが終電を気にしながら退出し、家が遠いMIさんも帰られるというので、

私も帰らせてもらったが、何時まで続いたのやら!? 帰り際に椿珈琲店の茂子さんが、「4月第2週からお店を再開します

ので、よろしく!」と挨拶をくれた。マスターが早逝されたけれど、何時までも店を閉めているわけにいかないからね。
 
おおいに歓迎ですよ。また楽しくやりましょう、と話してOBT宅を後にした。ちょっとGtの弾き過ぎ・唄い過ぎで疲れた
 
けれど、とても楽しい歌会だった。参加されたメンバーたちも、きっと同じ思いだったに違いないと思う。




イズミちゃん(Gt)の弾き語りは、ホセ・フェリシアーノの『ケ・サラ』、皆でサビの部分を合唱。


0 件のコメント: