2015年3月29日日曜日

Kemmy the Emmy Jazz Live から



ジャズ・バンド『Kemmy the Emmy』のメンバーたち、<左より>風早龍也(Ba)・若林稔(Pf)・石川早苗(Vo)
・宮田明美(Tp)・花見至常(Dr)、表参道Jazz Birdにて All Photo by TAKA



表参道のジャズ・バードで、ドラマーのKemmy(花見至常)がバンド・リーダーをしている『Kemmy the Emmy』

のライブがあるということで、出かけてみた(3/27)。Kemmyさんは、先日開催した我が『ジョビアゥ・タカ

バンド』のライブで共演させてもらったので、そのお礼と、編集し終えてコピーを作ったライブ動画のDVDを

お渡しすることを兼ねてのライブ訪問だった。その時に共演したベースのKAZA(風早龍也)さんも出演するし、

また都合のいいことに、同じく共演したヴァイオリンのみほこんと受付などを手伝ってもらったhirokoさんも

来るということで、まとめて4人にライブ動画のDVDを渡せるのだから、私としてはライブのひと区切りを

つけるのには誠にいい機会だった。ピアノのウッチーからは連絡が入っていて、所用のためその夜はウッチー

と千秋さんは来られないと。ウッチーには翌日のどようかいでDVDを渡すことになった。

昨年の3月にもここを訪れているが、その時はKemmyさんからKAZAさんを紹介してもらい、我がバンドの

ライブに出演してもらうことが目的だったが、その後前回のタカバンド・ライブにはKAZA(Ba)が、そして、

今回のタカバンド・ライブには2人そろって出演してもらったのだから、私にはゆかりのライブ・ハウスだ。



ライブの休憩時間に、Kemmyと皆で乾杯 ! <左から>みほこん・Kemmy・TAKA・hiroko


その夜のライブの構成は3部で、1部と3部はジャズスタンダード・ナンバーを中心に歌と演奏を、2部は、

来場の歌手や楽器演奏者のゲスト出演が入るというものだったが、2部の方達は次の4月のライブ出演者

達だったから、出演の゛前宣゛を兼ねて、ということだった ! ヴォーカルの石川早苗さんは、声にパンチが

あり、同じジャズナンバーでも声に張りがあり、リズムも弾んでいて聞いていても気持ちが良かった。

『Tea for Two』や『Lullaby of Birdland』などの他に、一青窈の『はなみずき』なども歌い客席を湧かせた。

ゲスト・女性シンガーの二人は、『You'd Be So Nice To Come Home To』と『wave』(英語版)を歌ってくれた

が、これもなかなか良かった。月に1~2回定期出演をしているだけあって、このバンドの音はこなれて

いるし、それぞれのソロ演奏も何ら淀むことなく聞いていても心地よい。また、ジャズ演奏のスタイルは、

Vo → 楽器ソロ → Vo の基本進行の中に、ドラムとの掛け合い(4バース)や各楽器のソロが入り、演奏者の

紹介や客席からの拍手が飛ぶなど、エンターテイメントな交流があるのも楽しかった。


休憩の合間に、Kemmyも席に来てワインを飲みながらいろいろ話せたのも良かった。その折に、4月末に、

Kemmyがセッション・マスターをする日があり、KAZAも出演するので、「TAKAも来てなんかやってよ。」との

誘いがあった。「みほこンも来てよ。」ということになり、二人で寄せてもらうことになった。まあ、セッションだから

気軽にやろうと思う。バンドを組んだ仲だし、このお二人のバックで音楽をやれるのも、何かのご縁だと思う。

きっと楽しいに違いないと思う。


0 件のコメント: