2012年6月30日土曜日

第2回 ザ・タペストリー ライブ(その④2ndステージ)


 メンバー全員で衣装変えしてスタートした2ndステージは、リラックスした雰囲気になった。 All Photo by K.Nakazawa

45分ほどの休憩の後、2ndステージが始まった。この間、飲み放題の飲料で、生ビールのジョッキが飛び交い、ワインや焼酎など各自好きなものを飲みながら、カレー(4種類)と肉料理、サラダや焼きたてのナンを堪能した。ヨッシーの案内で、一人一人前に出てマイクを握り、出席者の゛近況報告゛が続いた。「手短にね!」といわれても、皆結構熱心に話したのは、久し振りの旧友との再会に気持ちがハイになっていたのだと思う。

ここで、QP村山から報告があり、同期生で東京都副知事の猪瀬直樹君が、「テレビ生出演とぶつかるためにライブには残念ながら行かれない。」との電話があったことを皆に伝えた。そしてもうひとつ、「皆さん、ここで余興をやります!」ということで、マッキーと2人であの伝説の『闘牛士のマンボ』を即興で演奏することを宣言した。この曲は、当時吹奏楽班にいたマッキーが音楽祭や高校野球の応援の時に、たびたびサックス・ソロを吹いていた曲で、スター・プレーヤーだった彼の代表曲だったもの。これには客席がどっと沸いた。中でもこの曲をリクエストした゛達チャン゛の喜び様は大変なものだった。
マッキーも50年ぶりにこの曲を吹く、と言いながら、QP村山のドラムに乗ってサックスを吹き始めた。皆にとっても、私にとっても、聞きなじみのあるメロディだった。一瞬にして、遠いあの青春の日々に返ったような懐かしさがこみ上げてきた。

「ヤンヤ、ヤンヤ!」の拍手の後、再び歌と演奏が始まった。第2部は、前述のように「ザ・タペストリーと音楽の仲間たち」と題して、このバンドの伴奏でゲストの方たちに歌と演奏を披露していただく趣向だ。その前に2曲、゛歌ドラ゛のQP村山による「Sunny サニー」と、゛歌べー゛のAYAさんによる「E Ku'u Sweet Lei Poina 'Ole 私の愛しいレイ、忘れられません」を、「露払いにやります。」とヨッシーが紹介した。

R and B の名曲・「サニー」は、ベースのイントロに始まり、途中サックスソロを挟んで2回転調する(結果3つのキーで歌い演奏する)という難度の高い曲だが、QP村山はこれを見事に歌いきった。この辺りから、客席の掛け声と熱気が我々演奏者にもどんどん伝わってきて、スタジオでリハしている時とはまったく違った次元の音空間が生まれて来ていた。聴衆の拍手に呼応して、演奏者との゛音の会話゛が生まれる。これがライブの醍醐味だ。演奏している私も、自然に笑みがこぼれ、とてもリラックスした気持ちでギターを弾き歌っていた。メンバーたちも同じだったと思う。
ライブの後、店を同期生の゛倉ちゃん゛がやっている飲み屋に替えた打ち上げ会で、隣りに座ったAo くんが、「いや~ぁ、楽しそうにやってたねぇ~! なんかもう、妬けたよ、うらやましぃなぁ!」と言ってくれたが、傍目にもその楽しさが伝わっていたようだ。

黒のミニスカートとシマ・Tシャツ、赤いバンダナ・スカーフと黒のテンガロン・ハットに衣装替えしたAYAさんは、「ハワイアン・カウボーイで~す。」と言って皆からヤンヤの拍手を受けた。「エ・クゥ・スウィート~」は、ハワイに伝わる美しいバラード、ギターのゆったりとしたアルペジオとサックスのサブ・メロディに乗って、ベースを弾き語るAYAさんの澄んだ声が会場に流れた。歌が終わると、「AYAさん、素晴らしい!」の声が飛んだ。


流暢な英語で「PUFF」を歌うトオルちゃん(向かって右端)
さあ、ここで、本日のゲスト第一番目の゛トオルちゃん゛の登場だ。「舞台は40年ぶりです、額は気にしないでね。」と挨拶すると、「色・艶はいいよ!」と客席から声が掛かる。彼は現在、有名私立女子大の理事長を勤める身、今回のライブ出演に備えて理事長室で歌を練習していたら、秘書の女性たちに「一体何があったのですか?」と心配されたと言う(!?)。事前リハにも2度ジョイントして、バンドの伴奏で歌を練習したから備えは充分だ。

何曲かの候補曲の中から、「PUFF:ザ・マジック・ドラゴン」と「Cotton Fields 綿畑」を彼は選んだ。「パフ」は、P.P.M(ピーター・ポールアンド・マリー)の大ヒット曲(1963年)、丁度僕等は高校二年生の時だ。誰もが知っている当時の反戦歌は、時代を超えて今はおとぎ話の童謡として広く親しまれている。P.P.M風のギターイントロに次いで、滑らかな英語で彼が歌い始めると、会場の皆も一緒に歌ったり口ずさんだり、手拍子と共に歌の輪が広がった。バンド・メンバーたちも、リフレインのところを一緒に歌った。

「いいぞ、トオルちゃん!」の掛け声と大きな拍手のうちに歌が終わると、ヨッシーが明後日(26日)は彼の誕生日であるのを伝え、皆で「ハッピー・バースディ、トオルちゃん」の合唱が始まった。御年66才なのであります。会場は和やかでアット・ホームな気分に満たされていた。
次いで、ヨッシーとトオルちゃんのコラボが始まった。カントリー・ソングのスタンダード「Cotton Fields 綿畑」はバンジョーが最も合う曲、ヨッシーの゛歌バン゛で軽快なBjのリズムに乗って唄がはじまり、ついでトオルちゃんの唄、マッキーのAsソロの後2人のユニゾンで歌うと、会場の掛け声と手拍子は最高潮に達した。「アンコール! アンコール!」の声に対して、「次回また、練習してやるからね。」とヨッシーが答えた。

(この項続く)

0 件のコメント: